10億円 何年暮らせる

10億円 何年暮らせる

ハイリスク運用を行えば、10%の利回りで1年間に1億円増える可能性があります。自身の投資スタンスや10億円の資産を減らさないために、年間でいくら必要なのかを考えて、投資先を選ぶとよいでしょう。

キャリーオーバーが発生すると、最高で1等が10億円になることがあります。数字を自身で選ぶ宝くじであるため、誰も当選しない可能性があるくじです。

貯金10億円の富裕層がETFで資産運用をする際には、国内債券や外国債券、REIT(リート)のETFを中心に分散投資することをおすすめします。積極的に資産を増やしたい場合は、国内株式や先進国株式のETFの割合を増やすと良いでしょう。

多くの方はまず資産1億円を目指すことと思いますが、なかには既に数億円保有していて10億円を目指している方もいらっしゃると思います。

ここからは、上記で挙げた10億円の分散投資の対象となる金融商品を紹介します。

貯金10億円の富裕層が不動産投資をする際も、分散投資を心がけることが大切です。複数の物件を所有することでリスクを分散できるので、高い入居率が見込める優良物件を複数所有しましょう。

不動産投資として、賃貸経営を行う方法もあります。10億円の原資があれば店舗・テナントの誘致を見込める好立地の土地の購入も可能でしょう。

ここまで見てきた通り、貯金10億円の資産運用では、守りの運用に重点を置くことが重要です。元手となる金額が非常に大きいため、ローリスクローリターンの商品でも十分な利益が得られます。

原資10億円の資産運用は金額が大きすぎて不安という方は、ぜひ下記よりお気軽にお問い合わせください。

貯金10億円の富裕層であれば、スイス系企業が運営するプライベートバンクや日系銀行、日系証券が運営するプライベートバンクの口座を開設できます。

10億円を原資に資産運用するとなると、さまざまな方法が考えられます。しかし、やみくもに投資するのでは意味がありません。

リスクを回避しながら10%以上の高い利回りを目指して資産運用できるので、貯金10億円の富裕層にとっては最適な金融商品であると言えるでしょう。

資産10億円を原資に運用すると、どれだけの運用利益が得られるのでしょうか。ここでは、利回り「1%」「3%」「5%」「10%」で、「1年」「3年」「5年」「10年」運用した場合のシミュレーションを行いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *