年収が少なくても 貯金できる世帯はあるようですね

貯金の目的や 用途によって選ぶとよいでしょう

あなたの家の貯蓄(貯金)が、日本全国で第何位になっているのか、順位を計算します。(データの都合により2人以上の世帯限定です)世帯全体の貯蓄額を整数で入れてください。

まず、3,000万円あれば十分とする意見は、年金受給額が夫婦で月に20万円以上あるのであれば、多少切り詰めてでも生活費をそれで賄い、貯金は臨時的な支出のみに充てられるので十分、という考え方です。一方、3,000万円では不十分とする意見では、家のリフォーム代や、定年後に子供の結婚費用の支出があるかもしれないといことや自分たちだけではなく親の介護費用も必要かもしれないということもあり、3,000万円では不十分というものです。あるいは、老後の生活にもっとゆとりを持ちたいという理由から、3000万円では足りないとする意見もあります。

貯蓄型保険とは、万が一に備えながらも貯蓄性も担保されている保険をいい、保険料の払込み額を上回る保険金、あるいは解約返戻金を受け取れることが特徴です。終身保険や養老保険、学資保険、個人年金保険などが該当します。貯金をするよりも保険料の支払いのほうが強制力はあるため、資産形成につながりやすい点もメリットです。ただし、解約する時期によっては解約返戻金が払込済み保険料を下回ってしまうことや、万が一への備えに対しては掛け捨て型の保険に比べて保険料が高額になる傾向があることがデメリットです。

毎月、貯金をしているはずなのに、思っていたように増えないという場合、収入に対しての貯金率や、収支に問題があるのかもしれません。また、将来安心して暮らすための貯金が、今の生活を苦しめてしまっては意味がありません。
貯金をするために節約をするのはすばらしいことですが、あまりに過剰になってしまったり、我慢しすぎたりしないように気を付けましょう。交際費や娯楽費などを削りすぎることのないように、貯金をしながらも息抜きをすることが大切です。

毎月決まった金額の貯金とは別に、夫婦でのルールを決めて500円貯金などを楽しむのもよいかもしれません。
何かを忘れてしまったときに罰金として貯金をしたり、うれしいことをしてもらったら感謝の気持ちを貯金したりと、ゲーム感覚で貯金をしていけば、いつの間にか貯まっていたということもあるかもしれません。
貯金箱は、いっぱいになったときに貯金額がわかる物や、面白い仕掛けのある物などがありますので、楽しく貯金ができるでしょう。

ただし、資産保有額が100万未満の世帯も3%おり、貯金をしていない高所得者も少数ながら存在します。貯金の目安は手取りの10~20%とされるので、手取り85万で考えると、月に17万の貯金ができれば十分でしょう。

お小遣い制にしている場合や、夫婦でのお財布をいっしょにしている場合は、夫婦の収入のうち多いほうから家賃や光熱費、通信費など、生活に必要な固定費を支払い、片方の収入を貯金に回すという方法もあります。合計したり口座間で振替をしたりする必要もないため、手間もかかりません。

ゆとりある老後に必要な貯金額は、一般的に夫婦で3,000万円が必要といわれていますが、それで十分という意見もあれば、3,000万円では不十分という意見など、さまざまな考え方があります。

年間収入にあわせて目標の金融資産残高も増えていくようです。貯金を始めようと思うけれども特に目標はないという場合はこういった数字を参考にしてみるのもよいかもしれません。

貯蓄額は多ければ多いほど安心できることは事実です。しかし、シニア世代の貯蓄・貯金を考えた場合、自分自身が考える老後の生活ではどのくらいのお金がかかり、そのためにはいくらの貯蓄・貯金が必要なのかをシミュレーションすることが重要といえるでしょう。

お互いの収入金額を把握していない場合や、財布を分けている場合、おすすめなのが一定額を共通の口座に預ける方法です。生活費と貯金用の口座を分ければ管理もしやすいでしょう。毎月、それぞれが口座に入金する手間はかかりますが、自発的に貯金している意識付けにもなるのではないでしょうか。いつか、二人で協力して貯めたお金を使うときが楽しみになりそうですね。

お金を貯める・増やす方法は、毎月決まった金額を貯金するだけではありません。特に老後資金が目的の貯蓄や運用には様々な制度があり、税制優遇が受けられるものもあります。

定期預金を利用するのも、貯金をするためのひとつの方法です。定期預金には、自動積立定期預金と定期預金の2種類があります。どちらも、預けてから一定期間引き出すことができないことや、毎月同じ金額を積み立てるところは同じですが、定期預金の場合は途中解約しにくい仕組みになっており、貯金という意味合いよりも資産の運用で使われます。
自動積立定期預金は、毎月自動的に指定金額を積み立ててくれるため、お金があると使ってしまうという人や、貯金額の入金忘れ防止にも最適です。貯金の目的や、用途によって選ぶとよいでしょう。

実際の年収や手取り金額、貯金額を具体的にシミュレーションすることで、20%の貯金率で生活できるのかどうかを計算しやすくなります。ご自身の家計の収支の中で、無理のない範囲で継続して続けることが大切なので、一度計算してみてはいかがでしょうか。

ゆとりある老後の資金として、単身者の場合は2,000万円、夫婦の場合は3,000万円必要だとわかりました。しかし、50代でも平均貯蓄額が2,000万円に達していないため、単純に銀行に預けて貯めていくだけでは難しいことも事実です。2,000万円の貯金を目指すには、コツコツお金を貯めていく以外にも方法を選択しなければなりません。

それぞれの世帯での手取り金額から、貯金額を算出しましたが、貯金した残りはいくらになるのでしょうか。妻の年収が300万円の場合は、貯金額を差し引いた残りは約37万円、103万円の場合には28万円が月に使える金額となります。そのため、ここから家賃や食費などをやりくりすることになります。

今の収入では貯金を重ねていくことが難しい場合は、キャリアアップや転職によって収入を増やし、貯蓄に回すお金を多くすることを考えてみましょう。社内でキャリアアップしていくことが望めない場合は、転職もひとつの選択肢です。また、年功序列の賃金体系の企業で働いている場合は、実力主義の評価制度の企業に転職することで年収がアップする可能性があります。

年収2,500万円の人の年金受給額は約月19万円です。現役時代に比べて毎月の収入が大幅に減るので、老後資金を考えた貯金や投資が重要です。勤務先の確定拠出年金やiDeCo、NISAを利用した資産形成も積極的に考えましょう。

二人以上の家族世帯は、年収500万円未満でも2000万円以上の貯金のある世帯もあります。年収が少なくても、貯金できる世帯はあるようですね。

そこで、老後に必要な貯蓄額のおおよその目安を算出するために、この3万3270円の赤字を貯蓄で補うと仮定します。おなじ年齢の夫婦が、年金支給開始となる65歳から女性の平均寿命である88歳まで生きた場合、3万3270円×12月×23年間=918万2520円が赤字補てんの貯金として必要になることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *