45歳 貯金 3000万

45歳 貯金 3000万

「貯金がなかなか貯まらない…何を改善すべき?」「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」。

こうしたリスクを避けるために、貯金用の口座は分けて管理することをおすすめします。可能であれば貯金の目的別で分けるのが理想です。

ある程度貯金ができたら、資産運用をするのも選択肢の一つです。今は銀行に貯金しても金利が低いため、預貯金ではお金は増えません。金利が0.001%の場合、100万円を1年間預けたときに受け取れる利息はたった10円(税引き前)。しかし、利回り5%で運用できれば、約14年後には100万円が2倍に増えていることになります。元本割れするリスクはあるものの、長期・分散投資を意識し、資産価格の変動を長期的視点でとらえることで、安定的なリターンが期待できる可能性は高まります。さらに、長期投資ならほったらかしで良いので、日々の相場状況・値動きを監視し、投資のタイミングを計る必要がありません。「まとまったお金はないけど、毎月少額で始めたい」という方は、「つみたてNISA」や「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」から始めてみましょう。これらは老後資金を貯めるために国が推奨している非課税制度で、金融商品は金融庁が限定しているので投資初心者も安心して利用できるはず。「興味はあるけど何からすればいいかわからない」「自分のポートフォリオをチェックしてほしい」など投資の不安や疑問がある人は、お金の健康診断で専門家にチャットで相談してみましょう。

生活防衛資金は、貯金とは分けて準備しておくのが賢明です。

40代の貯金額(預貯金額)や貯蓄額(預貯金や投資信託を含む金融資産全体の保有額)について、金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査(令和3年度)」を参考に見ていきましょう。

一度上がった生活レベルを下げるのは難しいもの。家事代行やネット通販など便利なサービスに慣れてしまったり、外食ばかりで自炊する習慣がなくなってしまうと、また習慣づけするまでの道のりは大変です。もし給与があがったりボーナスをもらったとしても、家賃や食費などの生活レベルを上げず、増えた分はしっかり貯金に回しましょう。カツカツに切り詰める必要はありませんが、過度に生活レベルを上げないよう気をつけたいところです。

40代が効率よくお金を増やすには、預貯金以外にも資産運用や投資を取り入れてみることがおすすめです。資産の一部を上手く運用すれば、お金が増えるスピードが早くなります。さらに複利効果を活かすことで、増えた元本に利息が付き、雪だるま式にお金が増えるという効果を得ることができます。ただし、資産運用には一定のリスクがあります。まずは資産運用の目的や目標額を決め、それに合わせて許容できるリスクを定めてから始めると良いでしょう。

こちらも生命保険、債券や株式、投資信託など金融商品を含めたもの。各年代とも平均値と中央値に差があり、貯金している人としていない人でかなり差があることが伺えます。つまり、「平均値を上げているしっかり貯金している層」がいるということなのです。▼年代・世帯別の平均貯金額を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

40代の金融資産の割合を見てみると預貯金、生命保険、投資が多く、30代に比べるとそれらの保有額が増えていることがわかります。

3000万円を元手に、毎月配当があるタイプの資産運用を行って不労所得を作り出すこともできます。例えば、3000万円分を株式を購入して配当利回りが約2%だった場合、年間60万円(税引き前)の配当金を受けることが可能です。月額にすると約5万円の不労所得が手に入り、老後の年金だけでは賄えない生活費を補てんできる金額として頼りになります。ただし、配当金は年1~2回程度の間隔で支払われるため、実際には毎月お金が入ってくるわけではないことを理解しておきましょう。また、投資商品には価格変動リスクがあるため元本割れのリスクがあります。加えて、配当金は企業の利益から支払われるもののため、業績が悪かったり赤字の年度は配当金が下がる可能性も。万が一、投資している企業が倒産した場合は配当どころか、投資資金がすべてなくなるというリスクもあります。できるだけローリスクローリターンの安定した複数の金融商品に投資するなど、リスク分散が大切です。

最後におすすめなのが、「先取り貯金」の実施です。貯金が苦手な人は「毎月の収入ー使ったお金」で余ったお金を貯金に回してしまいがちです。しかし、これでは安定した金額が貯金できず、モチベーションも保ちにくくなります。「毎月の収入ー貯金=今月使えるお金」として先取り貯金を行いましょう。自動積立定期預金などの制度を利用すると効果的です。上手く貯金のバランスがとれるようになれば、毎月の予算も明確になり、結果的にストレスなく買い物を楽しむこともできます。

つまり、毎月約55,000円が不足することになり、夫95歳、妻90歳までの30年間健康であるとすると、次の金額が不足することになります。

どこでどんな暮らしをするのか、そのライフスタイルによって貯金3000万円でセミリタイアできるかどうかが異なります。ファイナンシャルプランナーに相談して、いつどのくらいのお金が必要になるのかライフプランを作成してもらい検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、貯金額の分布には以下のようにばらつきがあります。

条件にこだわりすぎなければ、3000万円を元手に即金で住宅を購入することも可能です。賃貸住まいで毎月の賃料が負担に感じている人は、住宅の購入も選択肢として考えても良いでしょう。ただし、マンションであれば管理費、持ち家なら維持費などがかかるので、年金や貯蓄から支払える無理のない金額かどうか事前に確認しておくことが大切です。

仮に年金を65歳から受け取るとすると、必要最低限の生活費は収入よりも下回っているため、1,854万8,200円黒字になることになります。反対に、ゆとり費14万円を足した生活費36万1,000円で計算すると、2,345万1,800円の赤字となるため、その分を老後資金として準備する必要があると考えられます。さらに、「生活保障に関する調査」が発表した生活費では、調査対象者が葬儀代、介護費用、リフォーム代など生活費以外にかかる費用も考慮して回答したかどうかは不明です。

「100万円未満」が14.4%と一番多く、その後「500〜700万円」の11.1%、「1000〜1500万円」の10.9%と続きます。30代と比べると、1000万以上の割合が多く、100万円未満の割合が少なくなっているため、40代になったことでより貯蓄を意識していることがわかります。

私(妻)は夫と同じ医療系専門職ですが、パートのため、月によって収入に変動があり(5年後をめどにフルタイム検討)、マイナス分はボーナスの予備費から補てんしたり、8万円以上の収入がある月の余った金額を繰り越す場合もあります。
子どもの教育費として、2人とも大学入学までに500万円貯めることが目標。毎月長男1万円、次男5000円ずつ子ども名義の普通預金に、また児童手当は支給月に追加でそれぞれの普通預金に貯金していますが、子どもの今後の教育費などを考えると、これで十分ではないと感じています。 先取り貯金をしながら毎月なんとかやっていますが、これ以上貯金に充てる余裕はないと思います。

3000万円あれば1億円の資産を作ることも視野に入れて良いでしょう。例えば、3000万円を元金として年利5%複利で運用すれば、25年で1億円まで資産を増やすことができます。1億円というと急に遠い世界の話のように思えるかもしれませんが、ヘッジファンドや不動産投資など想定利回りの高い投資商品を運用すれば現実的に狙える数字です。もちろん、1億円も必要なければ目標額を下げることでリスクも下がり、達成率をさらに上げられます。3000万円すべてを元金とせずに、一部だけを運用するのも良いでしょう。ただし、資産運用はあくまでも自己責任で元本割れのリスクもあることは忘れないでください。

貯金をするなら、生活して余った分を貯金するのではなく、先取りで貯金をするのが原則。人間の意志は弱いので、お金があれば使ってしまいます。残ったお金を貯金しようと思っても、ついつい使ってしまって挫折してしまうのです。そこで、おすすめは毎月の給与日に天引きされるような「財形貯蓄」や「社内預金」を活用すること。勝手に給料から引かれていくので、貯金分はなかったものとして考えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *