貯金2000万 30代 夫婦

貯金2000万 30代 夫婦

用途別に口座を分けることもポイントです。同じ口座で「給与の受け取り」「支払い」「貯金」をすべて賄おうとすると、お金の出入りが不明瞭になってしまいます。

30代はライフイベントが多い年代で何かとお金がかかります。

多くの人は、30代で出産や子育て、住宅購入といったライフイベントを迎えます。特に「教育資金」「住宅資金」「老後資金」は人生の三大資金と言われており、まとまったお金がかかります。貯金が1000万円あれば、ライフイベントに必要なお金を無理なく準備できるでしょう。

私(妻)は夫と同じ医療系専門職ですが、パートのため、月によって収入に変動があり(5年後をめどにフルタイム検討)、マイナス分はボーナスの予備費から補てんしたり、8万円以上の収入がある月の余った金額を繰り越す場合もあります。
子どもの教育費として、2人とも大学入学までに500万円貯めることが目標。毎月長男1万円、次男5000円ずつ子ども名義の普通預金に、また児童手当は支給月に追加でそれぞれの普通預金に貯金していますが、子どもの今後の教育費などを考えると、これで十分ではないと感じています。 先取り貯金をしながら毎月なんとかやっていますが、これ以上貯金に充てる余裕はないと思います。

総務省統計局で2020年に実施された家計調査で、65歳以上夫婦のみの無職世帯における年金を含む社会保障給付の収入は平均21万9,976円です。また、定年のない自営業の人や、定年退職後も高齢者雇用や企業の相談役として働く人は、働いた分の収入を得ることができます。そのほかにも持ち家や土地を貸している人は家賃収入が、私的年金に加入していた人なら企業年金や個人年金保険などの受給分が、老後の収入として加算されます。

30歳で夫婦の貯金1000万円の達成を目指すなら、以下のことに取り組みましょう。

老後までにどのように2,000万円貯金すればいいのか悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、老後までに2,000万円貯金する方法方法を解説します。

30歳で夫婦の貯金1000万円を目指すなら、世帯収入アップにも取り組まなくてはなりません。収入が増えるほど貯蓄ペースが上がるため、共働きは必須といえます。平均給与と比較して収入アップが見込めない場合は、転職や副業も視野に入れましょう。

リーマン・ショックの直後に社会人となり、日経平均が7000円だった時代を身をもって経験しているからか、慎重かつ堅実な投資が自分のスタイルだと思っています。株式投資する際は優良大型株を選び、その上で「20〜30%株価が下落しても大丈夫か」というところが一つの銘柄を選ぶ基準です。

世代別の平均貯金額を知るにはどちらのデータも参考になりますので、さっそく20代の平均貯金から確認していきましょう。

無収入でもしばらく生活できるだけの貯金があれば、やりたくない仕事を無理に続ける必要はありません。他にやりたい仕事が見つかった場合は、転職や独立に挑戦しやすくなります。

収入を増やすことで月々貯金する額を増やす方法はキャリアアップすることです。社内でのキャリアアップが難しい場合や、年功序列の賃金体系の企業で働いている場合は、転職も検討しましょう。

なお、これから紹介する各年代別の平均貯金については、以下のデータを参考にしています。

30歳を超えると、将来への不安から貯金を始める人も少なくないでしょう。仕事に加え結婚や子育て、老後のことなど、30代はお金の心配がつきものと言えます。そして、同年代の人がどれくらい貯金しているのかについても気になるところでしょう。今回は、30代の平均貯蓄額を見ていくとともに、効率的な貯蓄方法を解説していきます。

定期預金は基本的に満期になるまで引き出せないため、お金の浪費癖のある人におすすめの貯蓄方法です。毎月決まった金額を貯金していくと貯まりやすいでしょう。たとえば、毎月の給与が30万円だった場合、そのうちの5万円を定期預金にしておくと、10年で600万円を貯金できます。ただし、利息がほとんど付かないため、資金を増やしたい人には向いていません。

プライベートでは28歳のときに結婚。パートナーとなった夫は奨学金の返済があり、夫婦ともに貯蓄はゼロ。そんな状態でしたが、フルローンで住宅を購入しました。第一子を授かった30歳のときに「このままではダメだ!」と目が覚めて(笑)。家計の見直しと資産形成に本気で取り組むことを決意しました。

結婚費用の総額平均をご祝儀の総額平均で引くと、夫婦の費用負担はおよそ180万円となり、新郎・新婦で折半した場合は、1人あたり約90万円と大きな負担です。

たとえば、夫が65歳の場合は毎月の生活費、娯楽費、予備資金から必要な貯金額を算出します。仮に、毎月の生活費が25万円かかるとしたら、85歳までに6,000万円必要です。

ここでは、貯金1000万円を目指す夫婦におすすめの投資方法を2つ紹介します。

上手に貯金ができる人は、貯金の目的と使う時期を考慮して貯めることができます。貯金をする順番もポイントで、収入から貯金額を差し引いた分を支出にまわすと貯まりやすくなります。逆に、収入から支出を差し引いた分を貯金するのはあまりおすすめしません。収入が入ったら、まずは一定額を貯金にまわしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *