25歳にもなれば 20代の折り返し地点ともいえる年齢です

25歳にもなれば 20代の折り返し地点ともいえる年齢です

なお30代既婚者でも、金融資産ゼロ世帯の割合は20代既婚者と同様、約3割でした。30代既婚者の場合、手取りが増えても住宅ローンなどの負担が発生するため、なかなか貯金できないことがあります。

筆者が思う目安としては、20代は、50万円〜多くて100万円くらいで考えておけばいいのかなと思います。

今回の記事では、20代夫婦の平均貯金額について解説します。貯金の目的や優先順位、貯金方法も解説するので、家族の夢を実現するために必要な貯金について検討してみましょう。

20代の夫婦は、将来に向けた貯金が必要です。すでに貯金を始めている人もいれば、「みんなはいくら貯金しているの?」「どうやって貯金すればいい?」などの疑問を感じている人もいるでしょう。

なお貯金額の平均値は20代と比べて約4倍に増えており、独身でも30代になると、貯金している人とそうでない人の差が大きくなることが伺えます。

給料が少ない状態だと、日々の支出で精一杯で、なかなか貯金はできません。実際20代から60代の貯金額の平均値や中央値を見てみると、収入が少ない20代の貯金額はかなり少ないです。余ったお金を貯金しようとしても、給料日前には残高がほとんどなくなっていると、結局貯金はできないこともあるでしょう。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯・二人以上世帯](令和3年)」によると、20代の平均貯金額は、単身世帯が179万円、二人以上世帯が212万円です。

金融広報中央委員会によると、20代の人の金融資産保有額(預貯金、株や積立保険など)の平均額は、単身世帯で106万円、2人以上世帯で165万円となっています。

まず最初に、20代夫婦はいくらくらい貯金しているかについて解説します。

「20代のリアルな貯金額を知りたい」方は、この記事も参考にしてみてください。

30代独身で貯金がない人も、100万円を目標に貯金額を増やしていきましょう。30代になれば手取り額が増えるため、貯金に回せる額も増やせます。20代から貯金してきた人は、毎月の貯金額を増やすことも検討してみてください。

25歳にもなれば、20代の折り返し地点ともいえる年齢です。

「貯金がなかなか貯まらない…何を改善すべき?」「20代のうちからできることって何?」「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *