40代は もっとも貯蓄する必要性が高いといえます

40代は もっとも貯蓄する必要性が高いといえます

30代の平均借入額が多いのは、住宅ローンを組んでマイホームを購入した人が多いためであると考えられます。40代の平均借入額は、30代よりも低下しているため、住宅ローンの返済がある程度進んでいると推察できます。

つまり、おおよその40代独身女性が考える理想の平均貯金金額は、「1,600万円~2,000万円」と言えるでしょう。まずはこの貯蓄額を目指して「節約」「副業」「投資」を考えてみてはいかがでしょうか。

また、40代から老後資金の積み立てを始め、子どもが独立したあとに積立額を増やすという方法もあります。

このことは独身の男性と比べても顕著に現れていて、40代に突入することで、平均年収が高いはずの40代独身男性の平均貯金額を上回ります。インターネットで検索をしてみても、40代独身女性がどれくらい貯金をしているのか、これを気にする人が非常に数多くいることが分かるります。

「ご縁があれば結婚するかもしれないけれど、ずっと一人でいても大丈夫なように資金計画を立てていきたい」40代お一人さまのご相談で多いテーマです。今の生活に不自由はなく経済的にある程度自立はしていても、漠然と将来が不安なようです。また、貯金があってもいくらを目標にしていいのかわからないことも不安材料のひとつです。

元銀行員。40代は教育費やローンの支払いだけでなく、親の介護や自分の老後資金についても考えはじめる年齢であり、早い段階からライフプランの計画や見直しを行うことが大切だと考える。現在は、編集者として金融機関を中心に、ウェブコンテンツの編集・執筆業務を行う。

40代~50代は、そろそろ老後について真剣に考えはじめる時期ではないでしょうか? 特に、独身でパートナーや子どもがいない場合は、あらゆる状況に備えて、穏やかな老後を送るための事前準備をしておきたいものです。この記事では、独身の方が老後に必要とするお金と備え方について、家計のリスクマネジメントと資産運用に詳しいファイナンシャルプランナーの辻理恵さんが解説します。

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

国民生活基礎調査の概況によると、40代の貯蓄額の中央値は「500万〜700万」のあいだにあると考えられます。

40代は、もっとも貯蓄する必要性が高いといえます。特に子どもがいる世帯では、教育費を準備しつつ、自身や配偶者の老後資金を貯めて行かなければなりません。

40代になると、老後を意識しはじめる方もいます。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、40代は子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多いことが一般的です。「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。

金融広報中央委員会のデータによると、独身者の平均貯蓄額は、40代で474万円、50代で763万円となっています。預貯金のほか、株式や投資信託、生命保険などの金融資産の保有額は40代が1,294万円、50代が1,675万円。あくまで平均値ですが、定年に達するまで長く働き続けなければ、老後資金としてはやや心もとない金額といえます。次から詳しく解説します。

40代~50代のうちから実行しておきたい、老後の備えについてご紹介します。

教育費のピークは、一般的に子どもが高校や大学へ進学するときです。40代後半や50代で教育費がピークを迎え、住宅ローンを返済しつつ貯蓄を切り崩しながら生活をする家庭は珍しくありません。

ここで、40代の単身世帯(単独世帯)と家族世帯(核家族世帯)の貯蓄額を、より詳しくみていきしょう。なお核家族世帯とは「夫婦のみの世帯」「夫婦と未婚の子のみの世帯」「ひとり親と未婚の子のみの世帯」のことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *