アラサーと呼ばれるようになった28歳

以上 28歳の貯金について見てきました

以上、28歳の貯金について見てきました。平均値と中央値から、貯金できている人と貯金できていない人の分布には、偏りが大きいことが伺えます。今の時代、賃金は上がらず、物価や税金は上がる一方です。上手にやりくりして、自分の理想に近づけるよう一つずつ整理していくといいでしょう。

28歳男性・女性が効率的に貯金(貯蓄)する方法・コツの四つ目は毎月の貯金額を設定することです、給料日に貯金用の別口座に決まった金額を入金していく方法です。自分に厳しくすることが必須条件で、貯金をしている人の大半がこの方法を選んでいますよ。一年間きちんと貯金出来たら、かなりまとまった金額になります。

28歳女性の平均年収は357万円です。これもあくまで28歳の女性の平均年収で、半数以上の28歳女性の平均年収は350万円未満という現実があり、半数以上の28歳女性は、この平均年収を下回った年収しか手にしていません。実際の月々の手取りは、大卒は約20万円で高卒では約15万円となります。

28歳で年収を上げるには、転職するのも一つの手段です。今の会社での年収アップが難しいのであれば、経験やスキルを活かせる転職先を探しましょう。20代は転職活動が成功しやすい年代です。社会人として十分な経験・スキルを積んでいる28歳は、即戦力を求める企業の内定を得られる可能性も。転職を検討している28歳は、30代になる前に積極的に行動しましょう。なお、転職が上手くいかず、逆に年収が下がってしまうリスクもあるので、しっかり対策をして転職活動を進める必要があります。

28歳の手取りが21万円と仮定すると、家賃は30%以内の約6万円に収めるのが理想です。さらに節約したい方は、手取りの25%以内の約5万円で物件を探してみましょう。地域によっては家賃5~6万円の物件を見つけるのが難しい可能性があるので、条件を緩和したりほかの生活費を節約したりして支出を調整することをおすすめします。

28歳男性の貯金(貯蓄)の目的の二つ目は、アラサーから始める結婚資金準備です。アラサーと言われ始める28歳は、結婚適齢期とも言われます。将来の結婚のために貯金している方もいれば、すでに相手が決まっている方などは将来の家族のために貯金を始めているようです。

貯金額の平均値と中央値では、かなり差がでてきます。28歳というと学生時代の奨学金の返済やそのほかでもお金を使う機会が多いため、貯金をするのもなかなか難しい時期ともいえます。28歳男性の中央値は100万円前後という数字が出ました。自分の貯金額と比べてみて、改めて考えてみても良いかもしれませんね。

ライフイベントとの両立って難しい。28歳OLのロールモデルから読み解くキャリアアップ方法とは?

28歳くらいの社員は、これから会社の中心となってリードしていくような人材が発掘される時期に当たります。そのため、この時期どのような成果を挙げたかも大変重要になります。この時期に、成果を挙げることが評価につながることが多く、今後の平均年収の開きの割合が大きくなり始めるころです。

28歳女性の貯金(貯蓄)の目的の二つ目は、結婚や子供のためです。28歳の女性と言えば、結婚についても本格的に考える時期ですし、すでに結婚していてお子さんがいらっしゃる場合もあると思います。ライフステージの変化に合わせ、結婚資金のためのまとまった金額を目標額に設定して貯金する人も多いようです。

20代後半になると、平均年収の男性と女性の格差もかなり開き、28歳の男性と女性の平均年収には約50万円の差がでてきます。ちなみに、海外では28歳の時点で約50万円の差ができることはありません。女性にとっての28歳は、仕事の面では中堅になり、プライベートでも婚活を真剣に考え始める時期に差し掛かります。

25歳、26歳、27歳、28歳、29歳の平均年収は?

アラサーと呼ばれるようになった28歳。仕事でもプライベートも充実してきた今、立ち止まって貯金について考えてみてください。今回、28歳男性・女性の平均年収や平均貯金額(貯蓄額)についていろいろ見てきました。28歳という年齢は、職業によって年収の格差が大きくなり始める年齢です。

28歳で年収を上げるには、仕事で成果を出し、昇進・昇給を目指すのが最も堅実な方法です。ただし、20代後半からスムーズに役職に就ける企業は多くありません。そのため、「28歳のうちに年収を上げる!」と焦らず、長い目で役職を目指すのが堅実です。なお、若い人材が中心となって活躍するベンチャー企業やスタートアップ企業は、28歳から役職に就ける可能性があります。

28歳男性は大卒6年目となり、能力や実績に徐々に差がでてくる時期です。平均年収も400万円台を超えてきて男性もアラサーを意識し始めます。また、高卒男性は社会人10年のキャリアを積み、業種によっては中堅からベテランまで企業の中核を担う年代となっています。

28歳になると、友だちから結婚式の招待状が届いたり、子どもの写真がプリントされた年賀状が届いたりすることが増えますよね。一方で、プライベートのほとんどの時間を趣味に使っている友だちもいるはず。新卒で働き始めたときは似たような生活をしていたのに、段々とライフスタイルに差が出てくる時期です。暮らし方が違えばお金の使い方も違います。コツコツ貯め続けてきた人は、100万円を超える貯金があるかもしれません。趣味や遊びにたくさんお金を使っていれば、思ったほど貯金ができていない人もいるはず。暮らしにもお金にも差が生まれてくる、分岐点のような年頃です。

まずは28歳の平均年収をチェック。国税庁の『民間給与実態統計調査』によると25~29歳女性の平均年収は、328万円。預貯金額の平均値は、金融広報中央委員会の『家計の金融行動に関する世論調査』で確認できます。ただし、20代は前半と後半で貯金額の差が大きい年代です。28歳では30代の貯金額の方が実態に近い可能性も考えられるため、20代・30代の平均値を参考にしてみて。・20代:86万円・30代:165万円さらに、最近では預貯金だけでなく、投資信託や株式、債券、個人年金保険などを持つ人も増えていますよね。それらの金融資産を含む貯蓄額の平均値も見ておきましょう。・20代:106万円・30代:359万円金融資産を含めると金額がグンッと高くなり、20代と30代では2倍以上の差があることがわかります。

28歳女性の貯金額(貯蓄額)の中央値を見てみると60万円です。平均値と見比べてみると男性同様かなり開きが見られます。28歳の女性となると、既婚、独身、シングルマザーとライフステージがかなり異なってきます。

2017年現在では28歳全体の6%の人が「貯金なし」と言われています。また「暮らしと金融何でもデータ」によると20代全体では「貯金なし」の人が45.3%もいます。20代の半数近い人の実態が「貯金なし」です。ちなみに、30代の約3割が「貯金なし」という現状のようです。

28歳女性の貯金(貯蓄)の目的の一つ目は、万が一のためです。急なケガや病気など突発的に起こってしまうかもしれない時に、慌てることのないように貯金している方が多いようです。突然の事故に遭遇して、働くことが厳しくなったときにも不安なく生活できるように資産を作る目的の方が多いようですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *