20代単身世帯の貯金は平均額113万円 中央値8万円です

20代単身世帯の貯金は平均額113万円 中央値8万円です

ここでは20代から30代にかけて多いライフイベントについて詳しく見ていきましょう。

20代、30代、40代からみた貯金200万円の金額についても考察していきます。

30代はライフイベントが続く事が多いです。30代での支出を余裕を持って乗り越えるためには、20代からの貯金が大事になってきます。

20代から30代にかけては結婚や出産、子育て、マイホーム購入、子供の進学など、お金が必要になるライフイベントが発生しがちです。安心してこれらのライフイベントを迎えるためには、具体的に必要となる費用の目安を把握しておくことが大切です。

もし20代で貯金200万円が達成できている場合は、順調に資産形成できているといえます。

ここで気になるのが、「他の20代男女は、いったいどれくらい貯金しているのか」ということでしょう。

株式会社テスティーが、20代男女を対象に貯金・資産運用に関する調査を実施。貯金をしているかどうかを尋ねたところ、「貯金をしている」と回答した男性は71.4%、女性は77.3%でした。前年に行なった同調査と比較したところ、男性は0.8ptの減少傾向が見られ、女性は貯金をしていると回答した人が6.5pt増加しました。

ではそんな、少ないお金をやりくりして貯金にはげむ20代は、どのようにすれば効率よく貯金することができるのでしょうか。

20代単身世帯の貯金は平均額113万円、中央値8万円です。

また、「貯金をしている」と回答した人を対象に貯金額について尋ねたところ、男女共に「10万円〜50万円未満」と回答した人が最も多く20代男性で23.8%、20代女性で24.8%でした。これらの結果から、男性よりも女性の方が貯金している様子がうかがえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *