一方で40代の平均借入額は 1世帯あたり1,002.7万円です

一方で40代の平均借入額は 1世帯あたり1,002.7万円です

40代は、もっとも貯蓄する必要性が高いといえます。特に子どもがいる世帯では、教育費を準備しつつ、自身や配偶者の老後資金を貯めて行かなければなりません。

国民生活基礎調査の概況によると、40代の貯蓄額の中央値は「500万〜700万」のあいだにあると考えられます。

そんな時代を過ごした体験から、40代女性は、資格取得や習いごとなど、専門的な知識や技術を身につけることに積極的な面があります。自分の市場価値を高めたいという意識が強いのかもしれません。

教育費のピークは、一般的に子どもが高校や大学へ進学するときです。40代後半や50代で教育費がピークを迎え、住宅ローンを返済しつつ貯蓄を切り崩しながら生活をする家庭は珍しくありません。

40代以降になると、老後資金はリスクをあまりとらずに手堅く貯めたいという方が多いかと思います。個人年金保険のうち、特に定額個人年金保険であれば、契約時点で将来受け取れる給付金額が確定します。大幅に資産を増やすよりも、老後にお金を確実に残すほうを優先させたい方には、適した商品といえるでしょう。

働き盛りの40代~50代のうちに、会社の外に居場所をつくるなど、老後も続く人との縁をつないでおきましょう。会社を退職すると一気に周囲から人がいなくなってしまいがちですが、老後を支え合える人脈を築くことは人生の糧になりますし、退職後の仕事にもつながるかもしれません。

元銀行員。40代は教育費やローンの支払いだけでなく、親の介護や自分の老後資金についても考えはじめる年齢であり、早い段階からライフプランの計画や見直しを行うことが大切だと考える。現在は、編集者として金融機関を中心に、ウェブコンテンツの編集・執筆業務を行う。

つまり、おおよその40代独身女性が考える理想の平均貯金金額は、「1,600万円~2,000万円」と言えるでしょう。まずはこの貯蓄額を目指して「節約」「副業」「投資」を考えてみてはいかがでしょうか。

また、40代から老後資金の積み立てを始め、子どもが独立したあとに積立額を増やすという方法もあります。

30代の平均借入額が多いのは、住宅ローンを組んでマイホームを購入した人が多いためであると考えられます。40代の平均借入額は、30代よりも低下しているため、住宅ローンの返済がある程度進んでいると推察できます。

一方で40代の平均借入額は、1世帯あたり1,002.7万円です。これは、30代の平均借入額である1,071.1万円の次に高い金額です。

40代独身で年収1000万円前後であれば、将来に向けて無理なく貯められる世帯も多いかもしれません。ただ独身の老後は、資金など不安なことも多いはずです。おひとりさまの老後について、次章で詳しく解説します。

多くの方にとって40代は、教育資金や老後資金、住宅資金という人生における3大資金をまとめて考えるタイミングでしょう。

40代~50代のうちから実行しておきたい、老後の備えについてご紹介します。

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

理想の貯金額となると、多ければ多い方がよいのは当然となりますが、実際に、40代独身女性はどれくらいの貯金があると安心するものなのでしょうか。まず大前提にあるのが、このまま独身女性のままだった場合の話となります。

ここで、40代の単身世帯(単独世帯)と家族世帯(核家族世帯)の貯蓄額を、より詳しくみていきしょう。なお核家族世帯とは「夫婦のみの世帯」「夫婦と未婚の子のみの世帯」「ひとり親と未婚の子のみの世帯」のことです。

40代になると、老後を意識しはじめる方もいます。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、40代は子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多いことが一般的です。「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。

その場合に老後(60歳以降)に必要なお金はおおよそ5,000万円。年金などを考えると2,000万円~2,500万円と考えられています。つまり、働かなくても生活しているだけのお金があれば安心というように考えているようです。よって、40代独身女性にとっては、2,000万円程度の貯金があれば安心と感じる方が多いようです。

40代~50代は、そろそろ老後について真剣に考えはじめる時期ではないでしょうか? 特に、独身でパートナーや子どもがいない場合は、あらゆる状況に備えて、穏やかな老後を送るための事前準備をしておきたいものです。この記事では、独身の方が老後に必要とするお金と備え方について、家計のリスクマネジメントと資産運用に詳しいファイナンシャルプランナーの辻理恵さんが解説します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *