29歳女性の貯金(貯蓄)の目的1つ目は 結婚資金です

社会人として経験を積み重ねている29歳

29歳の平均年収は、学歴別で大きな差があり、院卒と中卒では約150万円、月12~13万円ほどの差があります。特に高専・短大までの差と大卒以上の差は大きく、大卒以上の方が平均以上の収入を得られる可能性は高そうです。

いかがでしたか?20代最後の1年ということで、29歳男性・女性の金銭事情、貯金(貯蓄)事情について詳しく見ていきました。年収、月収は人それぞれであくまでも参考数値にはなりますが、同年代の人たちがどれくらい稼いでいてどれくらい貯金をしているかを知るいいきっかけになったことでしょう。

29歳の平均月収は約29万円(賞与2ヶ月の場合)で、手取りでは約23~24万円になります。ボーナスを均して考えれば、月約35万円、手取りでは27~28万円で、1人暮らしやカップルなら余裕ある生活を送れます。

29歳の公務員の平均年収は390万円+残業代や各種手当と推計できます。特別高くはありませんが、公務員は豊富な各種手当が魅力です。また、国家公務員と地方公務員で差はほとんどありません。

29歳女性の貯金(貯蓄)の目的1つ目は、結婚資金です。これは29歳男性と同じ結果になりました。結婚式や子育てに膨大なお金がかかることを理解してこつこつと貯金をしている方が多いです。貯金額は100~300万円が多く、30歳までに100万円…というように目標を設定して貯金をする傾向が強いです。

29歳の平均年収を東京とその他の地域で見ると、東京都内の平均年収が最も高く455万円でした。また、全国でも大阪や愛知などの大都市圏は、全国の平均を上回る年収となっています。

29歳男性・女性が効率的に貯金(貯蓄)をする方法・コツ1つ目は、銀行の自動積立を利用することです。一度手続きを行えば自動的に積立をしてくれるので、自力で貯められないという方にオススメの方法です。今は、郵送申請やネットバイキングで申込もできるので、窓口に行かなくても積立を始めることができ簡単です。

29歳は20代として転職が可能で、求人も豊富なため、転職で有利です。社会人経験も積み、ビジネスマンとして1人で活躍できるスキルや経験があります。

29歳男性の平均年収は443万円で、月当たりでは約31万+ボーナスです。1人の収入で、パートナーや子供を養っていくのも可能ですが、余裕のある生活は難しいです。

転職は手堅く、スピーディに手取りを増やせる方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、給与水準が変わります。29歳なら経験を活かした転職も、ポテンシャル採用も両方狙えるため転職におすすめの年齢です。

29歳男性・女性が効率的に貯金(貯蓄)をする方法・コツ2つ目は、目標を設定することです。30歳までの1年間で50万円を貯める!など30歳を目前にした年齢だからこそできる目標です。最後の20代なので少し自分に厳しくして意識的に貯金を始めてみてはいかがでしょうか?

企業規模別の29歳平均年収を見ると、大企業が468万円、中企業は410万円、小企業では362万円となっています。

年収600万を月収40万以上の人と想定すると、29歳で年収600万円以上の割合は2%程です。厚労省の調査では、25~29歳で月の賃金が40万以上の人は1.9%なので、29歳に限定すると割合はやや増えると考えられます。

29歳の雇用形態別の平均年収は、正規雇用では約434万円、非正規では約298万円と30%近い差があります。非正規では、ボーナスなしの場合も多く、年数を重ねても給与が上がりにくいため平均給与が低いです。

29歳の平均年収は、業界ごとに大きく異なり、業界別では特に「宿泊・飲食」と「サービス」業界の賃金水準の低さが目立ちます。

就職Shopやウズウズなど、非正規のサポートに強い転職エージェントに、早めに相談しましょう。非正規向けの転職エージェントは、サービスを20代に限定していることが多く、29歳の場合は悩む前に話だけでも聞くべきです。

社会人として経験を積み重ねている29歳。まだ学生だったり、新社会人だったりと初々しさのある22歳。自分が新社会人のときと29歳の今の平均年収や貯金(貯蓄)の目的についてぜひこちらの記事で見比べてみてください。今の自分の努力が見えてきますよ。

29歳女性の貯金(貯蓄)の目的2つ目は、老後資金です。これもまたしっかりしていますね。年金がもらえる分からないから今のうちに貯められるだけ貯めておいた方が困らない、と考えての結果です。このことから、女性は欲しいものがあるからお金を貯めるのではなく、将来を見据えて貯金をする傾向が高いことが分かります。

29歳ならポテンシャル採用として、未経験者を受け入れている大企業は多くあり、中小から大企業への転職チャンスは豊富です。ビズリーチなどのサービスを利用して、どんな企業を狙えるのか調べてみましょう。

次に20代の収入状況を見ていきましょう。国税庁の民間給与実態統計調査(2020年分)によると、20代の平均年収(男女計)は20~24歳で260万円、25~29歳で362万円という結果になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *