25歳というと 20代前半のくくりから抜けてアラサーの仲間入り

お肌の曲がり角とも言われている25歳

最後に、仕事に燃える25歳前後のあなたのために、平均年収よりも稼ぎたいなら知っておくべき仕事術や仕事ができる人の特徴をまとめました! 周りに差を付けたいならチェック!

まずは結婚適齢期という意見。これは人によってそれぞれですが、例えば学生時代から長くお付き合いをしていた場合、社会人になって2~3年の25歳前後で婚約するカップルも多いですよね!

お肌の曲がり角とも言われている25歳。20代のスキンケアが、その後の肌状態を左右するとも言われていますよね。「意味あるのかな?」と思うこともあるかもしれませんが、20代は改善、というより現状維持を意識して、丁寧なスキンケアを心掛けてみて。きっと数年後変わってくるはず!

25歳というと、20代前半のくくりから抜けてアラサーの仲間入り。ライフステージの変化もあるかもしれません。そんな25歳にどんなイメージがあるか、聞いてきました!

25歳といえば、4年制大学を卒業して会社員になると3年目を迎える年齢です。仕事にも慣れてきて、少し余裕が生まれてくる時期ではないでしょうか。これからの人生には結婚や出産、子供の進学、住宅購入などの支出を伴うライフイベントも発生するため、今のうちから備えておきたいところです。自分の貯金額は、今後の支出を伴うライフイベントに対して適切か? また、同年代の他の人の貯金額がどのくらいなのかは気になりますよね。そこで今回は20代の貯金平均額や中央値を確認しながら、専門家と一緒にライフイベントと貯金について考えていきます。

現在25歳の人が65歳までに2000万円貯めるには毎月何円の貯蓄が必要か計算します。

20歳の男女に理想の結婚時期を聞いたところ、1位は25歳までにという結果になりました。2位には26歳が入っているので25~26歳で結婚したい男女は多いよう。

なお、給与額が高いわけではありません。勤務先は地元・四国が本社の中小IT企業で、年収は手取りで約325万円、月平均で22万円ほど。国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査)によると、社会保険料や税金などを引かれる前の平均給与は20~24歳で年264万円、25~29歳で年369万円なので、25歳の手取り額としては多くもなく少なくもない額だと思います。

自分が子供の頃に想像していた25歳と、実際になってみた25歳では随分印象が違うかもしれません。ただ、まだまだ若く多くのことに挑戦できる年齢でもあります。気になることにはチャレンジし例え失敗しても経験を積むことができれば、仕事もプライベートも充実するでしょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *