ゆとりある老後に必要な貯金は 夫婦と単身者でも異なります

ゆとりある老後に必要な貯金は 夫婦と単身者でも異なります

老後に2,000万円の貯金が必要とされる理由は、2019年金融庁の報告書による「老後2,000万円問題」が背景にあります。この報告書によると、無職世帯夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)が月の生活費として不足する額が5万円、老後の30年間を過ごすためには2,000万円の貯金が必要とされています。そのため、老後を安心して過ごすためには、2,000万円を目安に貯金をすることが大切です。

ゆとりある老後に必要な貯金は、夫婦と単身者でも異なります。それぞれ、どれくらい必要なのかを解説します。

上手に貯金ができる人は、貯金の目的と使う時期を考慮して貯めることができます。貯金をする順番もポイントで、収入から貯金額を差し引いた分を支出にまわすと貯まりやすくなります。逆に、収入から支出を差し引いた分を貯金するのはあまりおすすめしません。収入が入ったら、まずは一定額を貯金にまわしましょう。

こうしたリスクを避けるために、貯金用の口座は分けて管理することをおすすめします。可能であれば貯金の目的別で分けるのが理想です。

老後生活では2,000万円の貯金が必要であるといわれています。しかし、老後までに2,000万円を貯めるには、どうすればよいのか悩んでいる人もいるでしょう。この記事では、老後生活に必要な貯金をいつまでに、どうやって貯めるかなどを詳しく解説します。老後までに2,000万円の貯金を作るための参考にしてください。

貯金しても、それを担保にお金を借りて生活するのは本末転倒です。給与口座の残高がマイナスにならないように気を付けましょう。

夫婦で月に20万円以上の年金受給額がある場合は、3,000万円の貯金が必要といわれています。ただし、3,000万円でも不足しているという意見もあります。3,000万円では足りないといわれる理由は、普段の生活費以外にも、家のリフォーム代や子どもの結婚費用、親の介護費用などが発生する可能性があるからです。

現在の生活費を月2万円削減することに成功したとします。するとリタイア後も2万円少ない金額で生活できる可能性が高いので、2万円×12ヵ月×28年=672万円ほど、老後に必要となる金額が少なくなります。削減できた2万円を25年間貯金すれば、金利0%でも600万円貯めることができます。

用途別に口座を分けることもポイントです。同じ口座で「給与の受け取り」「支払い」「貯金」をすべて賄おうとすると、お金の出入りが不明瞭になってしまいます。

定期預金は基本的に満期になるまで引き出せないため、お金の浪費癖のある人におすすめの貯蓄方法です。毎月決まった金額を貯金していくと貯まりやすいでしょう。たとえば、毎月の給与が30万円だった場合、そのうちの5万円を定期預金にしておくと、10年で600万円を貯金できます。ただし、利息がほとんど付かないため、資金を増やしたい人には向いていません。

40代の金融資産の割合を見てみると預貯金、生命保険、投資が多く、30代に比べるとそれらの保有額が増えていることがわかります。

最後におすすめなのが、「先取り貯金」の実施です。貯金が苦手な人は「毎月の収入ー使ったお金」で余ったお金を貯金に回してしまいがちです。しかし、これでは安定した金額が貯金できず、モチベーションも保ちにくくなります。「毎月の収入ー貯金=今月使えるお金」として先取り貯金を行いましょう。自動積立定期預金などの制度を利用すると効果的です。上手く貯金のバランスがとれるようになれば、毎月の予算も明確になり、結果的にストレスなく買い物を楽しむこともできます。

毎月の給与が振り込まれたらすぐに6万7,000円貯金にまわすようにすれば、積立額がないものと思って暮らしていけるので、お金は貯まりやすくなる、というわけです。

積立定期預金は毎月、ある一定の金額を積み立てる貯金方法になります。少額からでもはじめることができるため、これから貯金をはじめるという人向けです。元本割れのリスクがないため、初心者にも向いています。一度申し込みをすると、自動で毎月積み立てされるので、無駄遣いしがちな人におすすめです。

50代になると、さらに貯金2,000万円ある割合が増えて、17.9%になります。また、平均貯金額もグンと増えて、1,305万円という結果に。50代になると、管理職になっている人も多く、収入が増えることも貯金額増加理由のひとつ。また、子どもの教育費が段々とかからなくなってくるのも50代といわれているため、貯金にまわせるお金が増えていきます。

夫婦の場合は3,000万円が必要ですが、単身者の場合は2,000万円が老後の貯金の目安です。夫婦で必要な金額の半額よりも多くなります。一人暮らしの場合、生活費が割高になるうえ、介護費用などへの備えが必要になるためです。また、周囲との付き合いを維持するためには、交際費もかかります。平均寿命が延びているため、その分多く貯金が必要です。

実際に、どのくらいの人が2,000万円以上貯金しているのか気になっている人もいるでしょう。では、年代別に2,000万円以上貯金している人の割合はどのくらいいるのでしょうか。

40代が効率よくお金を増やすには、預貯金以外にも資産運用や投資を取り入れてみることがおすすめです。資産の一部を上手く運用すれば、お金が増えるスピードが早くなります。さらに複利効果を活かすことで、増えた元本に利息が付き、雪だるま式にお金が増えるという効果を得ることができます。ただし、資産運用には一定のリスクがあります。まずは資産運用の目的や目標額を決め、それに合わせて許容できるリスクを定めてから始めると良いでしょう。

貯金2,000万円に到達する年齢は、何歳をめどに考えればいいのでしょうか。前述の通り、「退職後の資金として2,000万円、もしくはそれ以上のお金があると安心」とされていますから、60歳頃を目標にするといいでしょう。65歳まで働く場合は、65歳をめどにしても良いです。

残念ながら、現在のような低金利では、預貯金でお金を増やすことはできません。年利3%や5%を目指すのであれば、投資信託などの資産運用が不可欠になります。目標額すべてを資産運用で準備するのではなく、半分だけ利用するなどでも良いですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *