ここでは 20代で貯金できない原因について解説します

ここでは 20代で貯金できない原因について解説します

まずは、20代の人たちがいくらぐらい貯金しているのか、中央値や平均額を見ていきましょう。

20代の人のなかには、まだ貯金をしていない人もいますが、長い人生のなかでは結婚やマイホーム購入など、まとまったお金が必要になる場面があります。

次に20代の収入状況を見ていきましょう。国税庁の民間給与実態統計調査(2020年分)によると、20代の平均年収(男女計)は20~24歳で260万円、25~29歳で362万円という結果になっています。

20代ではインターネットやSNSによって情報を入手しやすく、はじめるきっかけにつながっていると考えられます。長期継続することで運用益が期待しやすい投資信託の積立ですが、投資にはメリットもデメリットもあることを理解しておかなければなりません。「積立投資信託」と「つみたてNISA」についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

そのため、まだ早いと思わず、20代は人生のなかでもお金をためやすいときであることを理解して、意識的に貯金することを心がけましょう。

20代のうちにしっかり貯金しておくかどうかによって、30代以降に大きく差が開いてくるものです。

また、20代で1,000万円以上の貯金がある人も全体のうち約1.9%いることが同調査でわかりました。

年代別の年間手取り収入(臨時収入含む)からの貯蓄割合を見てみると、最も高いのは20代、続いて30代・40代となっています。

ここでは、20代で貯金できない原因について解説します。20代でもお金をためられている人と、そうでない人の違いに理解を深めましょう。

アンケ―トでは、20代の男女53人から回答を得ることができました。

ひとくちに20代といっても、年収やライフスタイルは多様です。そのため、20代の貯金額で実数に近いのは50~100万円と考えましょう。

今後さまざまなライフイベントが控えている20代。何に備えるべきか、今から計画を立てておくことが大切です。

前述したように、実態に近い20代の貯金額は50~100万円であることから、新郎新婦2人で捻出するのは厳しいかもしれません。

また、社会人になりたての20代から手取りで年収450万円を稼いでいる人ばかりではないため、貯蓄のペースは段階的に上がっていくと捉える方が自然です。これらを総合すると、預貯金だけで1000万円に到達するには25〜30年程度かかることが想定されます。

同調査における20代の貯金実態に近い中央値は、男性50~100万円、女性50~100万円の金額にあたります。

0円と1,000万円の人にとっては現実とかけ離れていますが、20代全体で考えた場合、100万円は実態に近い数値といえます。

20代ではまだ家庭を持っておらず、大きな病気の心配もないかもしれません。そういう理由もあってか30代以上の人たちに比べると、将来に備えて貯金をするという意識が低い傾向にあります。その一方で、堅実にコツコツとためている人がいるのも事実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *