20代前半から後半にかけの収入の変化を見てみましょう

20代は働き始めて間もなく あまり給与が多くない場合があります

20代から30代にかけては結婚や出産、子育て、マイホーム購入、子供の進学など、お金が必要になるライフイベントが発生しがちです。安心してこれらのライフイベントを迎えるためには、具体的に必要となる費用の目安を把握しておくことが大切です。

ただ、20代後半は女性が結婚を決断しやすい年齢でもあります。結婚すると退職などで一時的に年収が下がる傾向にあるため、独身女性のほうが既婚女性よりも年収は高いです。女性にとっては人生の分岐点となる重要な年齢だといえます。

また、個人差はあるものの、コツコツと貯蓄する独身女性もいます。平均貯蓄額を約200万円に上げているのは、20代後半の独身女性と見て間違いないでしょう。

今回は、20代の貯金の平均額と気になる貯蓄方法や貯蓄のコツについて解説しました。

「金融資産」のなかには預貯金以外に、生命保険や有価証券などの金融商品も含まれており、将来を見据えた貯蓄を20代のうちから始めている人もいることがいえるでしょう。

今回は20代から貯め始める必要性や、貯金の目標金額、失敗しない貯め方についてお話しします。

金融広報中央委員会の「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]」によると、20代の単身(独身)の人が手取りから貯金に回している割合は、平均で16%でした。手取り給与が20万円だとすれば、3万2,000円です。この数値から、毎月の貯金は少なくとも10%、余裕があれば20%を目標にすることをおすすめします。

ここでいう「2人以上世帯」は親と同居という意味ではなく、結婚している20代のことを表しています。
平均値は単身世帯で「203万円」、2人以上世帯で「350万円」と高めですが、中央値で見るとどちらも100万円以上の差が生じていることがわかります。調査対象となった人のなかに貯蓄額の大きい人がいるとその分平均値も上がってしまうため、中央値で見たほうが、より標準の値に近くなっていることがいえます。

30代独身で貯金がない人も、100万円を目標に貯金額を増やしていきましょう。30代になれば手取り額が増えるため、貯金に回せる額も増やせます。20代から貯金してきた人は、毎月の貯金額を増やすことも検討してみてください。

なお貯金額の平均値は20代と比べて約4倍に増えており、独身でも30代になると、貯金している人とそうでない人の差が大きくなることが伺えます。

人生には「お金の貯め時」があります。独身で安定した給与が得られ、収入をすべて自分の裁量で貯めたり使ったりできる時期です。しかも、20代から30代にかけての時期は、給与が上がりやすいという好条件がそろっています。

専門職の仕事に就いていたり勢いのある成長企業に勤めていれば段階的な年収アップを見込めますが、それ以外だと飛躍的な年収アップはなかなか見込めない社会状況です。たとえ20代の時に結果を出していても、年収に直結するとは限りません。

20代は働き始めて間もなく、あまり給与が多くない場合があります。しかし、20代だからこそ、これから起きるライフイベントに向けて少しずつでも貯金を始めておくべきです。初めは難しいかもしれませんが、食費や光熱費などと同じように、貯金を毎月必ずある出費として捉えれば、いずれ慣れてきます。20代のうちから貯金の習慣をつけ、確実に貯められるようになりましょう。

なお30代既婚者でも、金融資産ゼロ世帯の割合は20代既婚者と同様、約3割でした。30代既婚者の場合、手取りが増えても住宅ローンなどの負担が発生するため、なかなか貯金できないことがあります。

20代前半から後半にかけの収入の変化を見てみましょう。

20代後半からさらにキャリアを重ねた30代前半ですが、年収が必ずしも大きくアップするわけではありません。

また、20代を仕事に捧げた独身女性が、30代前半になって結婚するケースもあります。20代後半同様に、女性にとっては動きが多い年齢です。

手取りに対する貯金の割合が最も高いのが20代の18%です。旅行や欲しいもののために貯金している方も多いでしょう。例えば手取り年収が300万円(月25万円)の場合、18%を貯金するとすると月4万5,000円になります。

30代の平均貯蓄額は約400万円となっていますが、20代の頃からコツコツ貯蓄を続けるとこのぐらいの貯蓄額になります。

ここからは、20代の方が上手に貯金するための5つのコツをご紹介していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *