老後貯金が足りるのか不安になってきたわ

ただし10%貯金するだけでは なかなか十分なお金が貯まりません

また必要資金以外に、失業や病気によって働けなくなるなどの「万が一」に備えて、1年分の生活費が預貯金にあると安心です。

周りの30代の平均貯金額はどのくらいなのか、自分の貯金額は妥当か、今のままで将来はお金に困らないか、と漠然とした不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。30代は特にライフイベントにより、まとまったお金が必要になる場面が多くなります。本記事では30代の平均貯金額、貯蓄額の平均値と中央値を参考に、知っておきたい将来の必要資金、資金の作り方について、ファイナンシャルプランナー監修のもと、詳しく解説していきます。

教育費や老後生活に向けた資金準備の全てを、預貯金で賄うのは難しいかもしれません。そのようなときに投資信託などの金融商品や、つみたてNISAやiDeCoなどの制度を活用し、資産運用によってお金を増やすことを視野に入れることも得策です。

大多数の人は預貯金で資産を保有していますが、株式投資や投資信託などの投資で資産運用している人もいます。あなたに合った方法で資産を増やしてみてくださいね。

なお各ライフイベントに向けての貯金目標の目安は、結婚に際しては結婚式費用や新生活の準備費用として400万円程度となります。

自分の貯金額が同年代の相場に対してどれくらいなのか、気になったことはありませんか?気にはなるものの、貯金額のようなデリケートな情報は、なかなか直接誰かに聞くことも難しいですよね。そこで今回は、「30代の平均貯金額と中央値」を調査してみました。また、30歳から貯蓄する方法も解説します!

30歳を超えると、将来への不安から貯金を始める人も少なくないでしょう。仕事に加え結婚や子育て、老後のことなど、30代はお金の心配がつきものと言えます。そして、同年代の人がどれくらい貯金しているのかについても気になるところでしょう。今回は、30代の平均貯蓄額を見ていくとともに、効率的な貯蓄方法を解説していきます。

現金で貯金を毎月3万円続けた場合、20年後は720万円になりますが、 年率5%で運用した場合は1,227万円とその差は約1.7倍になります。これをみると貯金をしておくだけというのは、もったいない気がしませんか。

実家を離れて一人暮らしを始めるために必要な貯金額は、一体いくらくらいなのでしょう。最低でも必要になるのは、賃貸物件を借りる際の初期費用。目安は家賃の3~5ヶ月分です。例えば「家賃5万円の物件を借りたい」と考えているのなら、少なくとも15~25万円の貯金が必要になります。

ただし10%貯金するだけでは、なかなか十分なお金が貯まりません。投資信託や株式投資など、ときには定期預金に頼らない方法も検討します。もし今の給料で足らないのであれば、副業を視野に入れるのも一案です。会社の就業規則など確認のうえ、好きなこと・得意なことを副業にしましょう。

40代は住宅ローンの返済や教育費の負担が重なり、なかなか貯金が難しい世代です。毎月かかる固定費を見直し、削減できる費用をチェックして、その分を貯金に回すようにしましょう。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」によると、世帯主が40歳代の二人以上世帯における金融資産保有額の平均値は643万円、中央値は220万円です。40代既婚者世帯で、金融資産保有額ゼロ世帯の割合は33.7%でした。40代になると多少は貯金が増えているとはいえ、やはり貯金がない家庭も3割程度います。

今回は、そんな30代の平均的な貯金額や貯蓄目標額を解説します。

そのほかにも引越し、日用品の購入などにもお金がかかるでしょう。一人暮らしを始めたい方は、最低でも20万円程度の貯金は必要だと考えておきます。

まずは、30代の貯金相場を見てみましょう。

30代は特に働き盛り、かつ子供がいる方も多くなってくると思います。収入が増える年代ですが、支出も多くなってしまいがちです。ですので30代こそ収支の管理をしっかり行うことが上手に貯金を貯める秘訣になります。

確実に貯める貯金方法として、給料日に自動的に一定額を貯蓄用口座に移す「先取り貯金」が一般的です。もし、勤めている会社で財形貯蓄制度が利用できるのであれば、それを活用することも検討するとよいでしょう。財形貯蓄は、会社が給料から一定額を天引きし、金融機関に積み立ててくれる制度です。財形貯蓄を行っていると、「財形住宅融資」という制度を利用できるという利点があります。この制度では、既定の条件を満たしていれば、住宅の購入や建築、リフォームの際に低金利で融資を受けることができます。その他、税制面での優遇もあるので、会社勤めの人は是非チェックしてみましょう。

私(妻)は夫と同じ医療系専門職ですが、パートのため、月によって収入に変動があり(5年後をめどにフルタイム検討)、マイナス分はボーナスの予備費から補てんしたり、8万円以上の収入がある月の余った金額を繰り越す場合もあります。
子どもの教育費として、2人とも大学入学までに500万円貯めることが目標。毎月長男1万円、次男5000円ずつ子ども名義の普通預金に、また児童手当は支給月に追加でそれぞれの普通預金に貯金していますが、子どもの今後の教育費などを考えると、これで十分ではないと感じています。 先取り貯金をしながら毎月なんとかやっていますが、これ以上貯金に充てる余裕はないと思います。

各家庭の生活費にもよるでしょうけど、月最低で27万円ね…。老後貯金が足りるのか不安になってきたわ。

毎月どのくらい貯めれば良いのかわからず、漠然と貯蓄を行っている方やそもそも貯金が苦手という方も少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *