貯金額の平均値は 30代と比べて大きく増えています

貯金額の平均値は 30代と比べて大きく増えています

20代から30代にかけては結婚や出産、子育て、マイホーム購入、子供の進学など、お金が必要になるライフイベントが発生しがちです。安心してこれらのライフイベントを迎えるためには、具体的に必要となる費用の目安を把握しておくことが大切です。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」によると、40代独身者の金融資産保有額の平均値は936万円、中央値は30万円です。また40代独身者で金融資産ゼロの人の割合は、45.9%となりました。30代独身者よりも40代独身者の方が、貯金なしの人がやや多いという結果です。貯金額の平均値は、30代と比べて大きく増えています。

30歳を超えると、将来への不安から貯金を始める人も少なくないでしょう。仕事に加え結婚や子育て、老後のことなど、30代はお金の心配がつきものと言えます。そして、同年代の人がどれくらい貯金しているのかについても気になるところでしょう。今回は、30代の平均貯蓄額を見ていくとともに、効率的な貯蓄方法を解説していきます。

周りの30代の平均貯金額はどのくらいなのか、自分の貯金額は妥当か、今のままで将来はお金に困らないか、と漠然とした不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。30代は特にライフイベントにより、まとまったお金が必要になる場面が多くなります。本記事では30代の平均貯金額、貯蓄額の平均値と中央値を参考に、知っておきたい将来の必要資金、資金の作り方について、ファイナンシャルプランナー監修のもと、詳しく解説していきます。

以上のことを考えても、収入は増えても貯蓄にまわせる金額は30代より低くなっても仕方ないといえます。そして、40代の貯蓄の目的は夫婦の老後の準備、子供の学費がメインです。さきほどの繰り返しですが、大きくわけると40代は『収入=支出』の公式があてはまる時です。ですから、貯蓄を増やすより、どちらかというと貯蓄を減らないように考えている人が多いはずです。

20代~30代は社会人として自分が成長し、それに応じて収入や支出が大きく変わる時期。さらに結婚後は出産や住宅購入など、大きなライフイベントを迎える人もいるでしょう。結婚を機に将来の資金計画を立てることで、家族が幸せに向かう道のりを着実につくっていきましょう。

ここでは20代から30代にかけて多いライフイベントについて詳しく見ていきましょう。

もし余裕があるならば、ハイリスクハイリターンの商品に投資するのもいいです。年齢を重ねると、守りに入るためハイリスクの商品に投資はむかないのです。が、30代ならもし失敗しても立て直せる財力と、柔軟な頭があるのでダメージも少なくすみます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *