芸能人でも 40代で初婚・出産する方も多数見られます

芸能人でも 40代で初婚・出産する方も多数見られます

正確な統計データはありませんでしたが、40代独身女性のうち約3割の女性が貯金ゼロだといわれております。

そのためには、しっかりとした貯蓄計画が必要です。遊びたい20代でも今我慢すれば、この先の30代、40代がぐっと楽になります。飲み会やデートなど支出する場面は多くありますが、見栄を張ったり無理をしたりはせず、コツコツと目標を目指しましょう。

しかし40代で結婚相手に対して求めることは、男女問わず「貯金があること」でどれだけ年収があったとしても、貯金がない相手とは結婚できないと思っている男性もいます。お相手の男性の貯蓄に期待するのは筋違いですし、男性の貯金額が多いとも限りません。必ずしも個人の貯蓄額が全ての判断材料というわけではありませんが、残念ながら経済面に関しては切実な問題として考えられています。

40代は住宅ローンの返済や教育費の負担が重なり、なかなか貯金が難しい世代です。毎月かかる固定費を見直し、削減できる費用をチェックして、その分を貯金に回すようにしましょう。

最近は晩婚化が進み、40代で独身という女性は意外と多く珍しくありません。芸能人でも、40代で初婚・出産する方も多数見られます。さらには、貯金をするのは結婚してから…と考えている人までいる始末です。

40代の金融資産の割合を見てみると預貯金、生命保険、投資が多く、30代に比べるとそれらの保有額が増えていることがわかります。

40代といえば教育費や住宅購入など、何かと出費が続く世代のため、貯金ゼロという方もいるのではないでしょうか?一方で老後の生活資金の準備もそろそろ気になってくる頃。これからお金を貯めるためには、貯蓄ができる生活習慣を身につけることが大切です。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」によると、40代独身者の金融資産保有額の平均値は936万円、中央値は30万円です。また40代独身者で金融資産ゼロの人の割合は、45.9%となりました。30代独身者よりも40代独身者の方が、貯金なしの人がやや多いという結果です。貯金額の平均値は、30代と比べて大きく増えています。

40代の女性の平均年収は約300万円ですので、このままいけば貯金ができなければ老後破産は確実です。

この記事を読まれているということはそういった状況を改善していかなければならないという気持ちを感じたということでしょうか。
今後、結婚をするのか、独身を貫くのかも含めて、40代の独身女性で貯金が全くなく老後が不安な人に向けて、老後のために今からできることをまとめました。

40代が効率よくお金を増やすには、預貯金以外にも資産運用や投資を取り入れてみることがおすすめです。資産の一部を上手く運用すれば、お金が増えるスピードが早くなります。さらに複利効果を活かすことで、増えた元本に利息が付き、雪だるま式にお金が増えるという効果を得ることができます。ただし、資産運用には一定のリスクがあります。まずは資産運用の目的や目標額を決め、それに合わせて許容できるリスクを定めてから始めると良いでしょう。

満足の行く生活が送れる40代独身女性ほど、しっかり老後を見据えた取り組みをしていくことが大事になります。

40代におすすめの資産運用・投資についてご紹介します。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」によると、世帯主が40歳代の二人以上世帯における金融資産保有額の平均値は643万円、中央値は220万円です。40代既婚者世帯で、金融資産保有額ゼロ世帯の割合は33.7%でした。40代になると多少は貯金が増えているとはいえ、やはり貯金がない家庭も3割程度います。

40代独身女性で貯金がないということは、お金を使いすぎているということも考えられますが、貯金ができるお金がないということも考えられます。

40代独身で金融資産を保有している人で、保有額の平均値は1,747万円。高収入の人はかなりの資産を保有していることがわかります。一方で半数近くが貯金ゼロ、貯金がある人でも30万円程度と、その格差は明確です。

内閣府が発表する 平成18年度 高齢者の経済生活に関する意識調査結果(全体版)において、未婚の男女50歳代の貯金なしの割合が33.3%となっていますので、40代独身女性で貯金なしが3割というのはあながち大げさではないかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *