38歳での転職は 初めに自身の市場価値を把握して行動すべきです

38歳での転職は 初めに自身の市場価値を把握して行動すべきです

スキルや経験を生かせば、38歳でも転職で年収を上げられます。ビズリーチなどの、年収アップに強い転職サイトでどんな仕事があるか確認してみましょう。ビズリーチは高年収求人が豊富で、年収アップの期待が高いです。

38歳でも、未経験業界への転職は問題ありません。特に、どの業界でも汎用的に使えるスキルがあれば転職の成功率が高まります。まずはビズリーチなどで、どんな求人があるか調べてみましょう。

38歳の平均年収だと、食費は手取りの20%が適切とされるため、6.5万円ほどが目安です。3人家族や4人家族の平均食費と比べると、1~2万安い予算なので、家族持ちの場合は節約や共働きが必要でしょう。

ここまでは38歳の平均年収を紹介しました。

38歳での転職は、初めに自身の市場価値を把握して行動すべきです。自身の市場価値を知ることで、適切な目安を基に求人探しができ、転職時の年収交渉にも活かせます。

38歳の平均年収は504万円、中央値は459万円、手取り平均は393万円です。性別や学歴、地域などで平均は異なりますが、38歳で500万以上の年収なら、概ね平均以上と考えられます。

38歳で年収900万円以上の人の割合は、男性で6.8%、女性では1.7%です。ボーナスを200万円と仮定し、月給58万の人の割合を厚労省のデータから抜き出しています。

38歳の年収中央値は、400万円前後と考えられます。

38歳の転職で年収を上げるには、経験やスキルを活かした転職がマストです。ビズリーチなどの転職サイトで、自身のスキルや経験でどういった仕事や年収を狙えるのか相談してみましょう。

38歳の平均手取り年収は約393万円で、100万円以上が税金・社会保険料で引かれます。ただし、実際の手取り額は家族構成やボーナスの割合、地域などで異なるため、手取り393万円はあくまで一例です。

平均年収は調査によって若干の変動があるものの、38歳の平均年収は390~520万円というのが一般的のようです。

全くの未経験業種ではなく、職種を変えずに給与水準の高い業界へ転職するのが、38歳の転職のポイントです。バックオフィスはもちろん、営業や企画などの経験も、他業界で活かせます。

38歳の平均年収は、業界ごとに大きな差があり、金融と飲食・宿泊では300万円以上の差があります。初任給では、どの業界もほぼ横並びの給与ですが、38歳になるとかなりの違いが出ています。

現職で年収アップが見込めず「現在の年収が低い」「もっと収入を増やしたい」と思ったら、転職を考えてみましょう。今の時代は38歳での転職も珍しくなく、30後半以降が専門の転職サイトもあります。

38歳で年収600万以上の人は男性で19.3%、女性で5.8%です。ボーナス120万と仮定し、厚労省のデータで、35~39歳の月給40~45万以上の人を対象にしています。

貯金の目安は手取りの10~20%とされ、38歳の平均年収だと、約6.5万円が月の貯金目安です。総務省の調べでは、年収500万~550万の人の平均貯蓄額は約1,100万円でした。

38歳で年収1,000万円稼ぐことは不可能ではありません。

38歳の平均年収から考えると、家賃相場は11万円です。月手取りの33%や年収の25%が家賃の目安とされます。家賃11万円なら、都心以外なら家族で生活可能ですし、郊外にはなりますがゆとりある家の購入もできます。

家賃・水道光熱費・食費・通信費などの生活費は、手取りの50~60%が目安です。38歳の平均年収だと、手取り33万なので、16~20万が生活費の目安です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *