29歳女性の貯金額(貯蓄額)の中央値は40万円です

29歳女性の貯金額(貯蓄額)の中央値は40万円です

29歳ならポテンシャル採用として、未経験者を受け入れている大企業は多くあり、中小から大企業への転職チャンスは豊富です。ビズリーチなどのサービスを利用して、どんな企業を狙えるのか調べてみましょう。

29歳で転職を考えた際は、まずは自身の市場価値を把握しましょう。目標とすべき年収や必要な経験・スキルを認識すれば、転職に向けて現職での働きぶりを変えて、転職を有利に進めることもできます。

転職は手堅く、スピーディに手取りを増やせる方法です。同じ仕事でも、企業規模や業界が異なるだけで、給与水準が変わります。29歳なら経験を活かした転職も、ポテンシャル採用も両方狙えるため転職におすすめの年齢です。

29歳女性の貯金(貯蓄)の目的1つ目は、結婚資金です。これは29歳男性と同じ結果になりました。結婚式や子育てに膨大なお金がかかることを理解してこつこつと貯金をしている方が多いです。貯金額は100~300万円が多く、30歳までに100万円…というように目標を設定して貯金をする傾向が強いです。

29歳男性・女性の平均年収と貯金(貯蓄)額については上に記載のとおりです。給料から引かれている税金についてみなさんどれくらいか把握していますか?なかなか分かりにくいですよね。そんな税金について、気になる方も多いと思いますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

29歳の雇用形態別の平均年収は、正規雇用では約434万円、非正規では約298万円と30%近い差があります。非正規では、ボーナスなしの場合も多く、年数を重ねても給与が上がりにくいため平均給与が低いです。

29歳男性・女性が効率的に貯金(貯蓄)をする方法・コツ3つ目は、通帳の記帳をすることです。コンビニのATMで手軽におろせるから、通帳繰越に行く時間がないままカードでおろしている、と記帳をしていない人が多いです。お金の出入りを把握し毎月いくら貯金できるのか把握することが貯金の第一歩なのかもしれません。

29歳男性の毎月の貯金額は、4.5万円です。この数字を見て多いと感じる方、少ないと感じる方、感じ方は様々です。ただ、29歳男性とひとくくりにしても既婚・未婚で貯金事情は変わってきますし、毎月10万貯金してるから大丈夫、貯金がないから大丈夫じゃない、というわけではないのです。

次に20代の収入状況を見ていきましょう。国税庁の民間給与実態統計調査(2020年分)によると、20代の平均年収(男女計)は20~24歳で260万円、25~29歳で362万円という結果になっています。

29歳男女別貯金額・中央値について、見やすいように平均年収と貯金額(貯蓄額)を表にまとめましたのでこちらもご覧ください。

29歳男性の貯金(貯蓄)の目的1つ目は、結婚資金です。29歳の男性は、結婚に対して目標貯金(貯蓄)額を設定している例が多く、「200万円貯まったら彼女にプロポーズする!」「400万円貯まったら結婚式を挙げる!」などと自分のためよりも大切な人のために貯金をしている人が多いという結果になりました。

「他に興味のある仕事がある」「今の業務が自分に向いていない」などと感じている人は、29歳なら新しい業職種に飛び込んでみましょう。

いかがでしたか?20代最後の1年ということで、29歳男性・女性の金銭事情、貯金(貯蓄)事情について詳しく見ていきました。年収、月収は人それぞれであくまでも参考数値にはなりますが、同年代の人たちがどれくらい稼いでいてどれくらい貯金をしているかを知るいいきっかけになったことでしょう。

気持ちよく30歳を迎えるための準備としてこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。貯金(貯蓄)があると、気持ちに余裕ができたり、さらに趣味を充実させることができたりするものです。29歳がさらに充実した1年になることを楽しみにしています。

29歳女性の貯金額(貯蓄額)の中央値は40万円です。男性と同じような結果になりました。男性・女性で差があまりないのは、30代に比べて29歳は独身女性も多くいて、働いている女性もまだまだ多いからだと読み取れます。

この記事を読んでいる皆さんが思っていることだと思いますが…29歳の男性・女性は今後、結婚・出産など大きな転機があることが予想される年齢です。結婚式や新婚旅行を考えるとどれくらい貯金(貯蓄)が必要なのか気が遠くなりそうですよね。ズバリ目標貯金(貯蓄)額は…「400万円」です!!

29歳男性の平均年収は443万円で、月当たりでは約31万+ボーナスです。1人の収入で、パートナーや子供を養っていくのも可能ですが、余裕のある生活は難しいです。

「今の年収に不満」「自分はもっと稼げるはず」などと感じている場合は、転職を考えてみましょう。29歳は転職に有利な年齢で、20代の内に早めに行動することで、生涯年収的にも大きく稼げる可能性が高いです。

29歳男性の貯金(貯蓄)の目的2つ目は、趣味のためです。その趣味の中でも多かったのが車です。欲しい車を購入するための貯金(貯蓄)、買った車をカスタマイズするための貯金(貯蓄)と、こだわり派の男性が多いのも事実です。後はフィギュアなどのコレクションがあったりと、趣味にかけるお金も多いようです。

遅くありません。dodaの調査では、転職者の平均年齢は30歳を超えており、29歳は十分若いです。未経験やスキルなしでも、大手企業に転職できるチャンスのある年齢で、現状に不満があるなら積極的に転職を考えるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *