ちなみに 30代夫婦共働きの平均年間収入は674万円です

ちなみに 30代夫婦共働きの平均年間収入は674万円です

いかがでしたか? 共働きなのになかなか貯金ができないと感じていた夫婦でも、これなら貯金と真面目に向きあうことができると思えたのではないでしょうか。

上で用いた総務省統計局の統計によると、30~39歳までの共働き世帯の平均預貯金額は530万円で、片働き世帯よりも8万円少なくなっています。共働き世帯は収入が多いものの、その生活スタイルによっては「毎月の支出額が片働き世帯よりも多い」という結果が反映されている可能性があります。そして、これこそが貯蓄額が低くなる落とし穴ともいえます。共働き世帯で収入があるからといって、外食や趣味などといった出費が多くなってはいないでしょうか。「共働き世帯だから片働き世帯よりも簡単に貯蓄ができるだろう」と考えるのは早計です。共働き世帯だからこそ、毎月の収支に無駄がないかを確認し、将来に向けた資金計画を立てる必要があることをしっかりと認識しておきましょう。

共働き前提で貯蓄を考えていくとのこと。子育てや老後のために貯蓄をしつつ、夫婦や家族で楽しくお金を使うためには、「いつ」「何に」「いくら」必要かという具体的な目標が大切です。そこで、ご相談者に発生する2つの目標においての貯蓄額を出してみましょう。

平均額がわかったところで、20・30代の共働き夫婦の貯金シミュレーションをしてみましょう。3つのパターンから、自分に近いものを参考にしてみてください。

一般的に、どちらか1人が働くのに比べ、共働きのほうが世帯収入は多くなります。すべての世代を対象とした調査結果ですが、総務省が公表している「家計調査」(2021年版)2)を見ても、夫のみの収入の世帯に比べ、共働き世帯のほうが、平均で130万円以上も年間収入が多くなっていることがわかります。

パターンAの共働き夫婦の場合、手取りの世帯月収は約30万円となるので、まずは90万円が目標の貯金額ということになります。

共働き夫婦から家計相談を受けていて意外と多いのが、お互いの収支を把握していないケースです。

たとえ夫婦であっても、特に共働きの場合には、互いの収入やお金の使い道について話しあうことに抵抗があるという人は多いと思います。

【貯金額を設定する上での考え方】世帯年収が少ない20代前半の共働き夫婦の場合、貯金の目的としてまず考えたいのは、ケガや病気で働けなくなった場合の備えです。

共働き夫婦の家計管理は、収入をすべてひとまとめにしたり、それぞれお財布を別に持ったりと様々な方法があります。

【貯金額を設定する上での考え方】夫婦ともに正社員として働いており、さらに夫は管理職となっている、なかなか高収入な共働き夫婦のパターンです。

しかし、ここで注目したいのが貯蓄額です。夫のみの収入の世帯の平均額が1,578万円なのに対して共働き世帯では1,372万円。その差額は206万円にも上ります。

特に、2人とも正社員でバリバリと稼いでいる共働き夫婦の場合、「2人分の収入があるのだから、そこまで節約をしなくても大丈夫」と考えてしまう人たちが多いようです。

そこでパターンCのような高収入の共働き夫婦が、老後資金について話しあう際に特に検討してほしいのが、現在の生活レベルの見直しです。

ちなみに、同調査の平均手取り収入は30代で527万円です。その10~15%を貯蓄に回すと仮定すると、52万7,000円~105万4,000円程度が年間貯蓄額です。この計算で考えると、30歳の人が毎年100万円を貯蓄した場合、60歳までの30年間で3,000万円貯蓄できる換算です。この数値は片働き世帯の場合ですので、共働き世帯であればさらに貯蓄額を増やすことができるでしょう。ちなみに、30代夫婦共働きの平均年間収入は674万円です。そして共働き夫婦の場合、それぞれの貯蓄額の理想は年収の20%と言われていることから、134万8,000円の貯蓄が可能ということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *