40代 貯金 平均 独身 女性

40代 貯金 平均 独身 女性

40代の貯蓄額は単身世帯で平均666万円、中央値40万円、二人以上世帯で平均1012万円、中央値520万円です。将来に向けての貯金が全くない、あるいは40代の平均・中央値と比べて少ないという場合は現在の家計の状況をしっかりと把握して先取り貯金で着実に貯金を増やしていきましょう。また、簡単に崩してしまえて利子がほぼつかない銀行預金だけでなく、積立保険や投資信託など他の金融商品にも目を向けるようにしましょう。

そんな時代を過ごした体験から、40代女性は、資格取得や習いごとなど、専門的な知識や技術を身につけることに積極的な面があります。自分の市場価値を高めたいという意識が強いのかもしれません。

「100万円未満」が14.4%と一番多く、その後「500〜700万円」の11.1%、「1000〜1500万円」の10.9%と続きます。30代と比べると、1000万以上の割合が多く、100万円未満の割合が少なくなっているため、40代になったことでより貯蓄を意識していることがわかります。

金融広報中央委員会が2019年(令和元年)に行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、40代の2人以上世帯の貯金額は平均値が880万円、中央値が550万円となっています。

40代の貯金額(預貯金額)や貯蓄額(預貯金や投資信託を含む金融資産全体の保有額)について、金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査(令和3年度)」を参考に見ていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *