参考に 40代男性ができる対策を紹介します

40代なら老後の資金づくりも意識しておかなければなりません

そのためには、しっかりとした貯蓄計画が必要です。遊びたい20代でも今我慢すれば、この先の30代、40代がぐっと楽になります。飲み会やデートなど支出する場面は多くありますが、見栄を張ったり無理をしたりはせず、コツコツと目標を目指しましょう。

参考に、40代男性ができる対策を紹介します。

40代独身女性で貯金なしということは、お金を使い過ぎている可能性があります。1ヶ月の支出を洗い出し、項目毎に詳しく分けてみましょう。そうすれば、何にどれだけお金をかけているのかが見えてきて、ムダなお金を見つけることができます。また、それまでは気づけなかった悪習慣を発見することにも繋がります。

しかし40代で結婚相手に対して求めることは、男女問わず「貯金があること」でどれだけ年収があったとしても、貯金がない相手とは結婚できないと思っている男性もいます。お相手の男性の貯蓄に期待するのは筋違いですし、男性の貯金額が多いとも限りません。必ずしも個人の貯蓄額が全ての判断材料というわけではありませんが、残念ながら経済面に関しては切実な問題として考えられています。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」によると、世帯主が40歳代の二人以上世帯における金融資産保有額の平均値は643万円、中央値は220万円です。40代既婚者世帯で、金融資産保有額ゼロ世帯の割合は33.7%でした。40代になると多少は貯金が増えているとはいえ、やはり貯金がない家庭も3割程度います。

30代、40代の時はまだまだ先のことと思っていた「定年退職」や「老後の生活」。

結婚相手が40代男性の場合、結婚資金に加え、老後資金・住宅資金・教育資金なども真剣に検討しなければなりません。20代・30代男性に比べ時間的な余裕がないからです。貯金なしは、結婚の障害になりやすいと考えられます。

40代といえば教育費や住宅購入など、何かと出費が続く世代のため、貯金ゼロという方もいるのではないでしょうか?一方で老後の生活資金の準備もそろそろ気になってくる頃。これからお金を貯めるためには、貯蓄ができる生活習慣を身につけることが大切です。

40代独身で貯金がない人は、自動積立などを利用して、毎月一定額は貯金できるしくみを作りましょう。40代なら老後の資金づくりも意識しておかなければなりません。将来の必要額を明確にし、年金など受け取れるお金で足りない分を準備できるよう、できる限り早く毎月の貯金額を決めてしまうのが理想です。

40代の金融資産の割合を見てみると預貯金、生命保険、投資が多く、30代に比べるとそれらの保有額が増えていることがわかります。

貯金がない40代独身女性は意外と多いことに驚きですが、貯金がないと将来どんな現実が待ち受けているのでしょうか?

40代独身で金融資産を保有している人で、保有額の平均値は1,747万円。高収入の人はかなりの資産を保有していることがわかります。一方で半数近くが貯金ゼロ、貯金がある人でも30万円程度と、その格差は明確です。

では、貯金なしの40代男性は、女性からどのように評価されているのでしょうか。この点は、ワタベウェディング株式会社が結婚を望んでいる400名の男女を対象に実施した「結婚と貯蓄に関するアンケート」を参考にできます。

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」によると、40代独身者の金融資産保有額の平均値は936万円、中央値は30万円です。また40代独身者で金融資産ゼロの人の割合は、45.9%となりました。30代独身者よりも40代独身者の方が、貯金なしの人がやや多いという結果です。貯金額の平均値は、30代と比べて大きく増えています。

一言で貯金額といっても、一人暮らしなのか実家暮らしなのかによって、貯蓄額は大幅に異なってきます。ずっと実家暮らしなのであれば、一人暮らしの場合と比べて貯金は多めになるはずです。そのため現在、一人暮らしの40代女性で貯金が少なくて困っている場合、実家暮らしに変更するという手段も視野に入れておくと良いでしょう。ただし、実家暮らしだからといって全く節約しなくても良いわけではありませんので、多少は堅実さを身に着けておくべきです。

残念ながら、40代独身男性の貯金額を示す資料は見つけられませんでした。40代の貯金額を示す資料として、SMBCグループが発表している「30 代・40 代の金銭感覚についての意識調査 2022」を参考にできます。

最近は晩婚化が進み、40代で独身という女性は意外と多く珍しくありません。芸能人でも、40代で初婚・出産する方も多数見られます。さらには、貯金をするのは結婚してから…と考えている人までいる始末です。

40代におすすめの資産運用・投資についてご紹介します。

40代は住宅ローンの返済や教育費の負担が重なり、なかなか貯金が難しい世代です。毎月かかる固定費を見直し、削減できる費用をチェックして、その分を貯金に回すようにしましょう。

40代独身女性で貯金がないということは、お金を使いすぎているということも考えられますが、貯金ができるお金がないということも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *