40代は【ロスジェネ世代】

40代は【ロスジェネ世代】

まずは40代の貯金額について見ていきましょう。

40代独身で年収1000万円前後であれば、将来に向けて無理なく貯められる世帯も多いかもしれません。ただ独身の老後は、資金など不安なことも多いはずです。おひとりさまの老後について、次章で詳しく解説します。

40代は【ロスジェネ世代】。ロスジェネとは、ロストジェネレーションの略で「失われた世代」と直訳します。他にも「団塊ジュニア」「第2次ベビーブーマー」とも呼ばれ、戦後の第1次ベビーブーマーの次に人口が多い世代です。

40代の貯蓄額は単身世帯で平均666万円、中央値40万円、二人以上世帯で平均1012万円、中央値520万円です。将来に向けての貯金が全くない、あるいは40代の平均・中央値と比べて少ないという場合は現在の家計の状況をしっかりと把握して先取り貯金で着実に貯金を増やしていきましょう。また、簡単に崩してしまえて利子がほぼつかない銀行預金だけでなく、積立保険や投資信託など他の金融商品にも目を向けるようにしましょう。

金融広報中央委員会が2019年(令和元年)に行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、40代の2人以上世帯の貯金額は平均値が880万円、中央値が550万円となっています。

そんな時代を過ごした体験から、40代女性は、資格取得や習いごとなど、専門的な知識や技術を身につけることに積極的な面があります。自分の市場価値を高めたいという意識が強いのかもしれません。

40代といえば、社会人デビューしたのが約20年前だったり、老後と言われる世代を迎えるのが約20年後だったりで、今はまさに「働き盛りど真ん中」な年代ですよね。そんな40代突入中のあなた、これから40代を迎えるというあなたに必見!40代女性の【平均貯金額】や【理想の貯金額】っていくらだと思いますか?あなた自身の貯金額と比べてみて、これから先のライフプランをしっかり考えてみませんか?

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

元銀行員。40代は教育費やローンの支払いだけでなく、親の介護や自分の老後資金についても考えはじめる年齢であり、早い段階からライフプランの計画や見直しを行うことが大切だと考える。現在は、編集者として金融機関を中心に、ウェブコンテンツの編集・執筆業務を行う。

40代になると、老後を意識しはじめる方もいます。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、40代は子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多いことが一般的です。「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *