40代なら老後の資金づくりも意識しておかなければなりません

40代なら老後の資金づくりも意識しておかなければなりません

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」によると、40代独身者の金融資産保有額の平均値は936万円、中央値は30万円です。また40代独身者で金融資産ゼロの人の割合は、45.9%となりました。30代独身者よりも40代独身者の方が、貯金なしの人がやや多いという結果です。貯金額の平均値は、30代と比べて大きく増えています。

40代独身で金融資産を保有している人で、保有額の平均値は1,747万円。高収入の人はかなりの資産を保有していることがわかります。一方で半数近くが貯金ゼロ、貯金がある人でも30万円程度と、その格差は明確です。

40代夫婦の平均的な貯金事情を知ることで、お金にまつわる不安を解消し、老後の資金計画に活かしましょう。まず、40代夫婦の貯金事情について、統計データを元に詳しく解説します。

加入保険の中には、社会人になってすぐや結婚したタイミングで加入し、そのままになってしまっているものも多いのではないでしょうか。生涯年収の見通しが立ち、ある程度のライフイベントを通過した40代だからこそ、保険の見直しには真っ先に着手すべきです。

金融広報中央委員会が2019年(令和元年)に行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、40代の2人以上世帯の貯金額は平均値が880万円、中央値が550万円となっています。

40代夫婦が改めて本気で貯金に取り組むうえで一番大切なのは、ライフプランを見直すことです。20代や30代では、ライフプランを描いたとしても、夢物語になってしまっていることも少なくありません。

また、40代夫婦の663世帯のうち1.1%は貯金が全くないと回答しています。中央値は550万円でも、世帯の状況によって貯金額はさまざまです。

40代は住宅ローンの返済や教育費の負担が重なり、なかなか貯金が難しい世代です。毎月かかる固定費を見直し、削減できる費用をチェックして、その分を貯金に回すようにしましょう。

2018年の「家計の金融行動に関する世論調査」(*1)によると、40代夫婦の貯金額の平均値は942万円、中央値は550万円です。

厚生労働省が行った「国民生活基礎調査(2019年)」によると、世帯主が40~49歳の場合、1世帯あたりの平均貯蓄額は「約650万円」でした。(出典:厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」)上のグラフを見ると、平均貯蓄額は20代から60代まではずっと上がり続けています。40代は平均650万円の貯蓄がある一方、平均約1000万円の借り入れがあることもわかります。「30~40代」は、住宅ローンを組む方や子育て世帯も多いので支出が増えがちですが、50代ほど収入が上がりきっていない方も多い傾向にあり、「20~30代」や「40~50代」よりも貯蓄額の増え方がゆるやかになっているのかもしれません。

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

子どもが就職していたり、住宅ローン残高が減ってきていれば、掛け捨ての保険より貯蓄型の保険に加入する方がいいかもしれません。40代で一度保険を見直せば、老後まで安心して生活することができます。

すぐに引き出せる預貯金は使い勝手がいいですが、預金利息はほとんど受け取れません。貯金額がある程度たまった40代だからこそ、預貯金以外の安全性の高い運用方法を検討してもいいでしょう。

しかし、40代になればお金のこと、家族のこと、これからの人生のことを落ち着いて見直す心の余裕が生まれます。また、結婚や出産・マイホームの購入などライフイベントの確定事項が増えてきます。そのため、20代や30代の頃より正確なライフプランを立てることが可能になるでしょう。

40代夫婦で借入金がある世帯は61.8%です。借入残高の中央値は1600万円、内容はほぼ住宅ローンです。借入金がない世帯は、そもそも住宅を購入してないか、繰り上げ返済等で早めに返済を終えたかのどちらかです。

また、40代は家庭内のイベントによって大きな出費が発生する時期でもあります。子どもの教育費用、子どもの結婚資金の援助、両親や義両親の介護、自分たちの老後の生活資金。

40代夫婦の貯金事情について詳しく解説し、節約のポイントや成功事例をご紹介しました。

40代独身で貯金がない人は、自動積立などを利用して、毎月一定額は貯金できるしくみを作りましょう。40代なら老後の資金づくりも意識しておかなければなりません。将来の必要額を明確にし、年金など受け取れるお金で足りない分を準備できるよう、できる限り早く毎月の貯金額を決めてしまうのが理想です。

40代夫婦の貯金の目標金額は、平均値が2178万円、中央値が1000万円です。まずは1000万円を目標として設定している人が多いといえるでしょう。

40代になると、老後を意識しはじめる方もいます。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、40代は子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多いことが一般的です。「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *