30代の平均貯金額・中央値について解説しました

30代はライフイベントが多い年代で何かとお金がかかります

SMBCコンシューマーファイナンスが30~49歳の男女1,000名を対象に実施したインターネット調査「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」によると、30~40代全体の貯蓄額平均は132万円、未婚者に限った場合は平均111万円となっています(調査実施日は2017年1月17日~19日)。

30代は結婚、出産など何かとお金がかかり、出費が増える傾向にあります。

前述の調査結果によると、30代の一人暮らしの金融資産保有額の平均が965万円なのに対し、中央値は294万円。二人以上世帯の金融資産保有額の平均が986万円なのに対し、中央値は400万円とどちらも平均値と中央値には大きな差がでています。

●老後資金
今の20代・30代のカップルが老後を迎える頃には、公的資金だけでは足りないといわれています。掛け金が全額所得控除になる、iDeCo(個人型確定拠出年金)も検討してみましょう。課税所得も減るので、所得税と住民税の負担も軽減されます。60歳からしか受け取りができない分、しっかり貯められます。

日本の平均初婚年齢は男性が31.2歳、女性が29.6歳(2019年調査結果)というデータからも分かる通り、30代以降は家庭を持つことでライフイベントが増えていきます。

30代はライフイベントが多い年代で何かとお金がかかります。

30代共働き夫婦の貯金額。子どもが生まれると、どう変わる?

30代の平均貯蓄額は403.6万円と、20代の平均に比べて大きく金額が上昇しています。ただし、同時に平均借入金額も865.7万円と高額です。この負債額は、すべての年代の平均値のなかでもっとも大きい数字になりました。

また、二人以上世帯の場合、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和3年)」によると、30代の平均預貯金額は498万円で、金融資産保有額の平均は986万円でした。

30代で二人以上世帯の場合、金融資産保有額の中央値は200万円前後だといわれています。その内訳を見ると、1,000万円以上の資産を持つ家庭の割合は11.3%で、金融資産非保有の割合が33.7%。つまり、3つの家庭のうちひとつが資産を持っておらず貯蓄も全くしていないということになります。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和3年)」によると、一人暮らしの30代の平均預貯金額は638万円で、株式や投資信託なども含めた金融資産保有額の平均は965万円でした。また、30代の単身者のうち全体の4.7%の人は金融資産を保有していないという結果になっています。

20~30代でしっかり貯蓄できた人とそうでなかった人とで、ライフステージが多様化する30~40代になると、貯蓄額にもバラつきが出るようです。

30代だとまだ子供が小さいかたもいるので、子供が小さいうちから資産形成していると、安心かもしれません。

30代の平均貯金額・中央値について解説しました。

30代と比べて収入が安定したり、役職がついたりする年代ではありますが、子供の教育費がピークを迎える方が多い年代でもあり、平均値中央値ともに30代に比べて多くなったとはいえないかもしれません。また金融資産を持っていない世帯も30代より多くなっているのは支出が多く、貯金に回すお金がないという現実もみえてきます。

参考までに、30代単身者および二人以上世帯の金融資産保有額と割合は以下のとおりとなっています。

20代の金融資産保有額の平均は302万円なので、30代は十分な金額を貯金している人が多いように思うかもしれません。ただし、平均値は、最小や最大の数値がかけ離れた外れ値によって、集計結果に影響が出やすいため、自分の貯金額と比較する上では、平均値とあわせて中央値も見るのがおすすめです。中央値とは、データを大きい順に並べたときに、中央に来る数値のことを指します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *