まずは40代の貯金額について見ていきましょう

場合によっては これからでも大きな貯金をすることだって可能です

貯金は確かに時間をかけないと、それなりには貯まりません。しかし、思い立ったその瞬間から始めないことには、いつまで経っても1円たりとも貯まりません。

場合によっては、これからでも大きな貯金をすることだって可能です。

結婚している40代で貯金がないというのも問題ですが、貯金が無い40代であれば多くの人は独身である可能性の方が高いでしょう。晩婚化が進み、女性が活躍する時代となり、男女とも結婚年齢が上がりつつあります。

「貯金がない」という現実を考えれば、結婚していないのではなく、結婚をしたくてもできなかったという人も多いのではないでしょか。

20代の時はあまり意識してこなかったかもしれませんが、40代ともなると、正規と非正規では収入に大きな格差が生じてきます。そして、40代になると圧倒的に雇用が少なくなるのです。ここまでに貯金をしてこなかった人は、貯金がない40代に入ってますます厳しくなっていってしまいます。

自分と同年代の人たちがどれくらい貯金をしているか、気になる方も多いでしょう。しかし、単身世帯と夫婦世帯では、世帯収入やお金の使い方が異なる場合が多いため、簡単に比較することはできません。

非正規雇用が増え、正社員として安定的に貯金を増やしていける人が減っているという問題があります。転職を繰り返してしまう人も多く見られます。貯金がない40代で多いのは、このよう非正規雇用の方たちが多いようです。

問題なのは、貯金をしたくても生活が厳しく、貯金ができなかったという場合です。いったいそれはどういうものなのでしょうか。

独身の人でも、結婚して家庭を持っている人でも、多くの40代は貯金をしている人の方が圧倒的に多いのです。

まずは40代の貯金額について見ていきましょう。

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

貯金がない40代に起こる現実と言えば、確実に人生がつまらないものになるという点です。

40代で貯金ゼロの人は、その原因を把握できているでしょうか。

先取り貯金で資産運用をしたり年収アップを目指して転職したりすれば、40代からでも貯金しやすくなります。現状をしっかり把握した上でベストは選択を取り、計画的にお金を増やしていきましょう。

貯金2000万円程度で満足せず、もっと上を目指していきましょう。

男性でも女性でも、結婚相手に対して「貯金があること」を望む人は少なくありません。どれだけ年収があっても、貯金が無い人とは結婚できないという人もいるはずです。

しかし、貯金がないわけですから、旅行といっても侘しい都道府県内の宿泊地に泊まることしかできなかったり、当然妻や子どももいないので、誰かと過ごしたりということもないでしょう。車や住宅など大きな金額がかかる買い物なんて問題外です。

もしも40代で貯金も資産もまったくないという場合は、まずは周囲の現状を知ってお金との向き合い方を考えた方がいいでしょう。

「残った分を貯金に回す」のではなく、「先に貯金分を引いて残った分で生活する」という習慣を身につけましょう。

資産運用とは、預貯金や投資などに資産をまわして安定して資産形成をすることです。ここからは、NISAやiDeCoなど毎月決まった少額からでも積み立てることができる積み立て投資などについて解説します。この積み立て投資は株やFX、不動産投資のように特別な知識や勉強が必ずしも必要なものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *