30歳を過ぎると 将来に不安を抱き始める人も少なくないでしょう

30歳を過ぎると 将来に不安を抱き始める人も少なくないでしょう

平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」によると、世帯主が30歳代の二人以上世帯における金融資産保有額の平均値は470万円、中央値は200万円です。また30代二人以上世帯のうち、金融資産ゼロ世帯の割合は33.7%となりました。30代既婚者では、200万円程度貯金しているのが一般的ということになります。

30歳を超えると、将来への不安から貯金を始める人も少なくないでしょう。仕事に加え結婚や子育て、老後のことなど、30代はお金の心配がつきものと言えます。そして、同年代の人がどれくらい貯金しているのかについても気になるところでしょう。今回は、30代の平均貯蓄額を見ていくとともに、効率的な貯蓄方法を解説していきます。

今回は30代の平均年収から貯蓄額、理想の貯蓄の目安などを見てきました。30歳を過ぎると、将来に不安を抱き始める人も少なくないでしょう。老後の安心やライフイベントに備え、上で述べた30代の平均貯蓄額を目安に、毎月数千円からでも自分のペースで貯金を始めてみましょう。

また第一子を出産する年齢の平均が30歳前後であることから、子どもがまだ小さく、子育てにそれほど大きな支出がない30代の間はお金が貯めやすい時期であるといえるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *