ここでは単身世帯と夫婦世帯に分けて 平均貯金額を確認します

貯金額を増やすためには 無駄な支出を減らすことが重要です

資産運用とは、預貯金や投資などに資産をまわして安定して資産形成をすることです。ここからは、NISAやiDeCoなど毎月決まった少額からでも積み立てることができる積み立て投資などについて解説します。この積み立て投資は株やFX、不動産投資のように特別な知識や勉強が必ずしも必要なものではありません。

このコラムでは、老後への備えを始めることが多い40代や50代の平均預貯金額や老後に向けた資産運用に関する意識、老後に受け取れる年金額などについて詳しく解説します。

自分と同年代の人たちがどれくらい貯金をしているか、気になる方も多いでしょう。しかし、単身世帯と夫婦世帯では、世帯収入やお金の使い方が異なる場合が多いため、簡単に比較することはできません。

貯金額を増やすためには、無駄な支出を減らすことが重要です。現在の支出を見直す目的で家計簿をつければ、1カ月のキャッシュフローも把握できます。

40代の貯金額はいくらが理想でしょうか?老後に向けていくら貯めれば良いのでしょうか?一人暮らしか、家族ありかでも理想の貯金の金額は違います。平均値や中央値を目指すのが正解ともいえません。40代貯蓄なしでも間に合う貯蓄計画をアドバイスします!

40代になると、老後を意識しはじめる方もいます。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、40代は子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多いことが一般的です。「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。

毎月少額を積み立てていても、大きな利益にならないと考えられがちです。しかし、毎月5万円ずつ積み立て、1年間平均3%の利回りの条件で10年運用を続けた場合、約700万円になります。一方で、毎月5万円ずつ貯金した場合には、10年後には約600万円溜まります。積み立て投資をすれば貯金より100万円ほど上回る可能性があるということです。

この記事では、貯金2000万円以上ある人の割合と貯金額、貯金2000万円の貯め方について解説しました。貯金2000万円を達成するには、1日でも早いうちに行動することが大切です。これからの人生で、今日が一番若い日。ゆとりある老後の生活を送りたい方や、将来に漠然とした不安を持っている方は、とにかく今できることから始めてみてはいかがでしょうか。「家計のどこを見直せばいいのかわからない」「投資を始めたいけど何から始めればいいのかわからない」という人は、FPや資産運用のプロであるIFA(独立系金融アドバイザー)に相談してみましょう!「お金の健康診断」は多くのお金のプロが在籍する日本最大級のプラットフォーム。自分の悩みに強いFPが検索でき、無料でチャット相談することができます。相談は匿名でOKなので、ぜひ気軽にご利用ください!

収入の一部を貯金に回す場合、生活費が余ったら貯金する方法では計画的にお金をためられません。先に毎月の貯金額を決め、残った分で生活する「先取り貯金」を取り入れましょう。

ここでは単身世帯と夫婦世帯に分けて、平均貯金額を確認します。

金融広報中央委員会が2019年(令和元年)に行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、40代の2人以上世帯の貯金額は平均値が880万円、中央値が550万円となっています。

2019年の全国家計構造調査から、40代の1世帯当たりの世帯収入や貯金額について見ていきましょう。

そこで、今回は40代でこれから貯金をしていきたい方に向けて、「40代の平均貯金額」「老後のために必要な貯金額の目安」「賢く貯金をする方法」について説明します。

ただし、貯金額の分布には以下のようにばらつきがあります。

40代からの貯金は、決して遅いタイミングではありません。お金がたまりやすくなる方法と、それぞれのポイントを解説します。

■40代の理想的な貯金額はいくら?

定年後の支出と収入を概算できれば、老後に必要な貯金額を計算できます。「1カ月の生活費×12カ月」で1年分に必要な費用を計算し、退職後の年数分をかけることで老後の支出を算出できます。

貯金額を増やすためには、貯金に回せるお金を増やすのも1つの方法です。今の収入でどうしても貯金が厳しいのなら、年収アップを目的とした転職も検討してみましょう。

60代以降、現金の貯金だけで2000万円を貯めるのが難しい場合は、比較的リスクの低い投資先での運用を行うのもひとつの手。若手世代に比べ、運用期間が短くなることが想定されるため、ハイリスクな運用の仕方では大きく損をして取り返せなくなる可能性があるからです。リスクの低い投資先の例としては、個人向け国債やインデックスファンドなどの投資信託が考えられます。特に個人向け国債は、利子・元本の支払い責任を国が負っているため、「投資で絶対に損をしたくない」という人でも安心して運用できるでしょう。

60代以降に貯金2000万円を目指すには、働ける限りは働き続けて、貯金を継続するのも有効な方法です。教育費や住宅ローンなどの大きな支出がなければ、少しの収入でも意外に貯金できるもの。たとえ大きな金額を貯金できなくても、生活のために貯金を取り崩すことがなくなれば、「人生100年時代」が到来しても安心して暮らしていけますよね。現役時代のようにフルタイムでがっつりと働くのではなく、身体の負担にならないよう適度に働けば、生活にハリが出て楽しくゆとりのある生活を送れるかもしれません。「定年退職を迎えたら、一切働かずに年金を受給して暮らす」という固定観念を捨てて、できるだけ長く働くようにすれば、貯金2000万円への道も自ずと見えてくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *