住宅ローン審査の基準は 金融機関によって大きく異なります

任意整理をすると最大で5年間は住宅ローン審査の通過が難しいです

ブラックの人が住宅ローン審査の通過、住宅の購入を目指すには、信用情報の回復を待つのが有効な手段です。

過去に金融事故を起こした事実が明らかな人に対して、数千万円単位のお金はなかなか貸せません。ただ、任意整理をすれば一生住宅ローン審査に通らないのか?と言えば、そうとも言い切れません。

もちろん異動の他にも「債務整理」や「破産」などの情報も掲載されますが、少なくとも7年(MAX10年)も掲載される事はいうまでもありません。私たちの営業現場でたまにあるのは、学生時代にクレジットカード会社の請求書をほったらかして、20代後半で家を買おうと思って住宅ローン審査をしたらどこもダメだったという話はありますが、その場合は「異動」のケースがほとんどです。

住宅ローン審査を通すときに「借金」があるとマイナスなイメージを持たれてしまいます。そのため、現金の借り入れ等は可能な限り避けておいたほうが良いでしょう。

信用情報機関から情報が消えれば、少なくとも「任意整理」を理由に審査を断られる心配はないでしょう。しかし、ブラックリストから消えた直後は住宅ローン審査に通りにくいと考えます。今からできること、やっておくべきことはいくつかあるので弁護士へ直接相談することをおすすめします。

なお、自己情報掲載期間中は100%、絶対に住宅ローン審査の通過はできないのかと言えば、そうとも言い切れません。実際に審査を行うのは融資を行う銀行等であるため、年収や資産などの属性次第では、任意整理後5年以内でも住宅ローンに通ることがあります。

属性は金融的信用情報以外での「信用度」を計るものです。中小企業よりは一部上場企業に勤めている方のほうが有利ですし、独身の方よりも配偶者や子がいる方のほうが社会的信用度が高く、住宅ローン審査に通りやすくなるのが現実です。

税金・社会保険料・公共料金などの未納・滞納も、住宅ローン審査の際、マイナスポイントとなります。
税金や社会保険料の未払いは源泉徴収票の記載で発覚することが多く、また、金融機関によっては銀行通帳のコピーや年金手帳などの提出を求めて、これらの支払いをチェックするケースがあります。

一度でも事故を起こしてしまった銀行からの融資は厳しいです。しかし反対に、1度も事故を起こしておらず、ずっと給料受取口座や各種引き落とし口座などとして利用している銀行であれば、住宅ローン審査が有利に進む可能性があります。事故を起こしていない、給与受取口座等があるのであれば、そちらで住宅ローン審査を申し込んでみると良いでしょう。

そのような状況に陥らない為には、誠意を見せて信用の傷を最小限に抑えたり、ブラックでも可能性のある住宅ローン審査に挑戦するのが現実的です。

住宅ローン審査の基準は、金融機関によって大きく異なります。転職や起業から間もない場合は、勤続年数の比重が低い金融機関で住宅ローン審査を申し込むのがおすすめ。
たとえば、転職者の住宅ローン申し込みを受け付けていることをホームページ等で明言している金融機関を利用してみましょう。
また、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携し、提供する「フラット35」も、審査時の基準に申込者の勤続年数は定められていないため、有力な選択肢と言えます。

信用情報機関の情報は、金融機関やクレジットカード会社で共有されており、住宅ローン審査の際は、金融機関によって信用情報がチェックされます。
信用情報に「異動」の記載がある場合は、俗に言うブラックリストに載った状態となり、住宅ローン審査の通過はまず無理です。

以上のことを意識しておくと、ブラックリストから消えたあとにスムーズに住宅ローン審査を通りやすくなるでしょう。

住宅ローンが組めないと住宅購入そのものがストップしてしまうため、金融機関の審査がどの項目をどのようにチェックしているかは、多くの方が気になるポイントでしょう。
住宅ローン審査に落ちるとき、一発でアウトとなるのは、信用情報機関のブラックリストに登録されている場合のみで、決して多くはありません。
ほとんどのケースでは理由は一つではなく、複数のマイナスポイントが合わさることで融資不可の判定が降ります。

任意整理をすると最大で5年間は住宅ローン審査の通過が難しいです。なぜなら「任意整理をした事実」が銀行でもわかってしまうためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *