でも明らかにカードローンを利用出来ないというブラックの人はいます

大前提としてブラックでも借りれるカードローンはありません

カードローンには必ず審査がありますが、実際にどれぐらいの人が審査に通っているのか知っていますか?

先程、絶対にお金を貸してくれるカードローンは存在しないとお伝えしましたが、では審査がゆるい極甘審査ファイナンスは存在するのでしょうか?一般的に極甘審査ファイナンスというのは、審査がゆるいと言われるカードローン会社のことを言いますが、審査がゆるい = 柔軟な審査に対応してくれるカードローン会社は存在します。柔軟な審査というのは、過去に自己破産した方や金融ブラックの方でも申し込みを受け付けてくれ、審査通過の可能性が高いカードローン会社のことを言います。

SMBCモビットに審査落ちした場合は、他のカードローンへの申し込みもおすすめです。

審査基準の厳しいカードローン会社では、残念ながらこのような申込者を警戒して、審査に通さないことも考えられます。つまり本物のブラックになってしまうと、延々とカードローン審査に通らない状況が続く可能性があるのです。

この増額審査申込はSMBCモビットの増額審査に申込できる時のみ表示されるので、実際にある程度の時間カードローンを利用した、増額申込が表示されたら必要に応じて申請してみてください。

その為にブラックかどうかの境目がはっきりしないのが現状です。でも明らかにカードローンを利用出来ないというブラックの人はいます。それは過去に債務整理をした人で債務整理をした時から7年~10年経過していない人、あるいは3か月以上の延滞をした人で5年以上経過した人はカードローンの審査には通りません。

在籍確認は名義貸しなどの詐欺を見破ることにも繋がりますので、カードローン会社では重要視している項目です。

この3つの項目と在籍確認でカードローン審査の可否が決まると言っても過言ではありません。審査に通りたいなら読んでおきましょう。

あくまでも1ヶ月間に3回といった短期間に多数の申し込みをしてしまうと「申し込みブラック状態」になり、カードローンの審査に通りにくくなると思っておきましょう。

さらに、モビットに限らずカードローンで借入をする際には「必要な金額以上は借入をしない」と決めておくことは大事です。

大前提としてブラックでも借りれるカードローンはありません。ただブラックになった過去があっても、申し込み時点の状態によっては借りられる可能性はあります。まずは今現在の自分の状態を正確に把握し、少しでも可能性が高いカードローンを選びましょう。

銀行カードローンは関係ありませんが、貸金業者の消費者金融やクレジットのキャッシングは貸金業法によって年収の3分の1までしか借りることができません。そのため税込年収が300万円の人は限度100万円、税込み年収600万円の人は限度200万円が貸金業者で借りられるMAXの金額となるのです。

銀行カードローンは審査通過率(成約率)を公表していませんが、大手消費者金融の一部は新規申込者に対し、どれだけ貸付をしたのか、貸付率を公表しています。

もしなぜ自分自身がカードローンの審査に通らないのか、まったく分からない人は自分自身で一度信用情報を確認することをおすすめします。もし間違った内容が登録されていればすぐに訂正・削除することが可能です。

キャッシングする場合、時々耳にしたり目につくのがブラックという言葉です。ブラックという言葉自体が、あまりいい感じのしない言葉です。カードローンの世界でブラックというのは個人に対して使われる言葉でローンの返済を滞納したり債務整理をした人で個人情報に金融事故として記載されてる状態をいいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *