カードローン 審査ブラック

カードローン 審査ブラック

そして、この平均値よりも審査通過率が高いカードローンが、アコムとプロミス、レイクALSAです。

日本貸金業協会では、消費者金融の無担保貸付(カードローンなど)に申込んだ人の数と契約した人の数から、審査通過率を公表しています。

なお、銀行系カードローンは、このシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3機関を必ず照会し、過去の事故情報があると必ず審査に落とします。従って自己破産した人は、最低でも10年間は、銀行系を利用できないことになります。

すなわち、返済期日の翌日以降、ハガキや電話によって、カードローン会社から返済するよう督促があります。この督促を無視して延滞を続けると、一括返済を求められることが通常です。この一括返済の催促をも放置すると、カードローン会社が「貸した金を返せ」という訴訟を起こす可能性があります。裁判所が「借主は返済をしなさい」という判決文を出すと、カードローン会社は強制執行という裁判所の手続きを利用して、借主の預金や給料などの財産を差し押さえてくる可能性もあります。給料の差押えの場合、勤務先に、裁判所から給料を差し押さえるという通知が届いてしまいますので、会社に差押えの事実が知られてしまいます。

このため、本命のカードローンと滑り止めのカードローンの2社を同時に申込んでも、実は同じ会社の審査を2回受けただけだったというケースも起こり得るのです。

過去に長期延滞や債務整理をしていないのに、キャッシング・カードローンの審査に通らない人は、その他の属性情報が影響している可能性が高いです。

それでも、申込情報が長期間残されている可能性を考え、申込ブラックになったときに申込んでいないカードローンを選ぶ方が、審査通過の可能性が高くなるのは間違いありません。

しかしカードローン会社に問い合わせても、審査落ちの理由は絶対に教えてもらえません。なぜなら企業の審査内容は、決して外部に漏らしてはいけないことになっているからです。

お金が必要でカードローンで融資を受けたのに、審査に通過できない…そんな状況になってしまうのは避けたいですよね。

過去に借金やローンをしたことがないのにカードローン審査に落ちる人は、勤続年数や居住年数が1年を超えるまで待ちましょう。

しかし、カードローン滞納によっていわゆる「ブラックリスト」に一度載ってしまうと、一定期間、「クレジットカードが使えなくなる」「ローンが組めない」などの生活への影響が避けられなくなってしまうことがあります。

ちなみにブラックだった私でも審査に通ったカードローンが、アイフルになります。

カードローンを利用するためには審査に通らなければいけませんが、過去に自己破産や延滞をしてブラックになってしまっている人は残念ながらカードローン審査に通ることはできません。

もしクレジットカードやカードローンの滞納をしたことがないのに全く審査に通らない人は、スマホ代金が原因でブラックリストに入ってしまっているかもしれません。

短期間でと表現するとおおざっぱに感じてしまいますが、明確に数字を提示するとおよそ1ヶ月間で3社以上のカードローン会社に申し込む状態です。 1ヶ月間のようにあまりにも短い期間で3社以上のカードローン会社の審査に申し込んでしまうと、不正利用をしようとしていると判断されたり、何か問題があるのではないかと判断されたりしてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *