仮審査の段階でOKでも本審査で落ちることがあります

マイカーローンの仮審査は 必ずしも受ける必要はありません

審査基準は会社ごとに異なるため、1社落ちても別のマイカーローンなら通る場合もあります。また、ディーラーローンは自動車を担保にしてローンを組む分、銀行系ローンより審査に通りやすい傾向にあります。銀行系ローンの仮審査に通らない場合は、ディーラーローンの利用も検討してみましょう。

仮審査を受ける前に本審査との違いを知っておきましょう。

マイカーローンの仮審査は、必ずしも受ける必要はありません。また仮審査に通っても、本審査に通る保証はありません。

マイカーローンの仮審査とは本審査の前におこなう簡易的な審査で、事前審査とも呼ばれます。あくまで簡易的な審査のため、仮審査に通っても本審査では落ちることも。このため、ローンを組めるかどうかの目安として利用します。

仮審査では、最短で当日中~遅くとも7営業日程度と、比較的短期間で結果が出ます。年収や勤続年数などの申告内容をもとにコンピューターが点数化して貸し付け可能か判断するため、短期間での回答が可能です。

また、審査に不安のある次のような人も、本審査の前に仮審査を受けたほうが良いでしょう。

また、審査結果が信用情報の履歴に残らないのも大きなメリットです。仮審査に通るまで条件を変えて何度も申し込んだり、同時に複数の金融機関に仮審査を申し込んでも、その後の審査に悪影響を与えずに済みます。

アコムのホームページで簡易診断ができると聞いたのですが、これが仮審査ですか?

仮審査という言葉は使っていないものの、他のカードローン会社の審査の流れと大きく違いません。必要書類の提出を求められた時点で仮審査を通過したのと同じことです。

なお、仮審査での信用情報の取り扱いは、金融機関や信販会社ごとに異なります。このため、仮審査を通過しても信用情報の履歴が原因で本審査を通過できないケースもあります。

仮審査での信用情報の取り扱いは、マイカーローンの種類により異なります。銀行や信用金庫などの金融機関が提供する「銀行系ローン」では確認する場合が多いのに対し、自動車の販売店(ディーラー)と提携した信販会社が提供する「ディーラーローン」では、確認することは少ないです。

仮審査はマイカーローンの利用に必須ではありません。しかし、審査を通らなくても信用情報の履歴に結果が残らないというメリットがあるため、審査に不安のある方はぜひ利用してみましょう。

審査には仮審査と本審査があります。ここで覚えておきたいのが、「仮審査に通っても本審査に落ちる可能性はある」ということです。

仮審査の段階でOKでも本審査で落ちることがあります。どのような理由で審査に落ちるのか、実際に申し込んだ人たちの口コミを見るとこのような理由が挙げられます。

一度に複数の本審査を受けると、お金に困っているのではと判断されて審査結果に影響が出ることがあります。このため複数のマイカーローンを比較検討したい人は、仮審査を利用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *