住宅ローン審査は 事前審査と本審査の2段階あります

それを調べるための「事前審査」です

住宅ローンの事前審査に即日否決された場合、明らかに問題があるケースがほとんどです。

住宅ローンの審査には事前審査と本審査があり、事前審査では基本的な信用情報と借入額をチェックします。

住宅ローンの事前審査は、一般的に即日~1週間で結果が分かりますが、即日で否決された場合は明確に否決される原因があることがほとんどです。

この借金の申告件数や金額があまりにも乖離していると、当然、事前審査は通りません。ごまかせるものではないのです。そりゃそうですよね。本人がどこの機関からいくら借りているのかも分からない人に、金融機関が「住宅ローン」という長期的で大きなお金を貸すはずがありません。

そのため、事前審査で即日否決された場合は審査基準に明確に適していないことが多いです。

年収や勤務先・勤続年数は、「ブラックではない」ことを事前審査で確認した後の、本審査での話です。たとえ現在の年収が1000万円オーバーだろうと、どんな一流企業に勤めていようと、「ブラック」が判明したら、その段階ですべてがアウトなわけですね。

「住宅ローンの事前審査について!審査でかかる期間や重要視される項目などを解説!」いかがだったでしょうか。住宅ローンを借りる時には本審査の前に事前審査が行われます。自己申告で行われる審査ですが、ご自身の情報によっては、ローン組めなくなることもありますので、しっかり準備をして、漏れのないように申告しておきましょう。

事前審査は、購入したい物件が見つかった後に行う、自己申告での審査です。最近ではインターネットで申し込むことができる金融機関も増えており、主に、収入や職業、世帯情報、借入状況や資金計画、購入する物件などの情報を入力します。

事前審査は本審査と違い、短い期間で結果がわかります。本審査が大体1週間程度かかるのに対して、事前審査は2~3営業日程度で結果がもらえます。また、事前審査は自己申告がメインですが、本審査になると本人の審査だけでなく、物件の担保価値など、購入予定の物件の審査も行われたり、「団体信用生命保険」の審査も行われたりするので、審査期間が長くなります。

それを調べるための「事前審査」です。事前審査に必要な書類は非常に簡易的で、金融機関によっては免許証のコピーだけでもOKなんていうところもあります。それもそのはず、ここでは基本的にその人の「信用情報」(ブラックかそうじゃないか)を確認するだけの作業ですから。

住宅ローンの審査は、事前審査(仮審査)と本審査(正式審査)の2段階で行われることが一般的です。

住宅ローン審査は、事前審査と本審査の2段階あります。

大体事前審査には即日~1週間かかり、審査に通るか落ちるか微妙な人ほど審査が長引く傾向にあります。

家を買うときの資金準備の方法、その1つが住宅ローンを組むことです。ただし、住宅ローンはすぐに組めるわけではなく、審査を通らなければ借りることができません。今回は、住宅ローンの事前審査について、審査の期間や重要視するポイントを1つずつ確認していきましょう。

住宅ローンの金額は少額ではありません。それこそ数千万円もの金額が必要になることもありますよね。銀行などの金融機関にとっては、返済が滞ると損失が発生するリスクがあるわけですから、慎重になるのは当たり前です。そのリスクを減らすために、本審査と事前審査の2つの審査で、本人の返済能力や、購入する住宅の価値の評価、ローン金額の正当性などの調査を行うしくみになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *