すでに連帯保証人を利用した賃貸契約件数を上回っているんです

すでに連帯保証人を利用した賃貸契約件数を上回っているんです

すでに連帯保証人を利用した賃貸契約件数を上回っているんです。

悩み人 『賃貸保証会社の審査に落ちた理由がわからない』 『賃貸保証会社の審査に落ちる原因を知りたい』こんな悩みが解決します。この記事でこれから解説する『審 …

また、家賃滞納をした場合には、賃貸保証会社のネットワークで代位弁済の情報などが共有されるため、同じように把握されてしまいます。

その場合は全国賃貸保証業協会(LICC)以外の保証会社に申込みを行うといいでしょう。

貸主側から賃貸契約を解除するには正当事由が必要なのですが、例えば「別の保証人を用意してもらえなかった」「クレジットカード払いができなくなった」という理由は正当事由にはならないんです。

入居審査を行う目的は、大家さんの賃貸経営リスクを減らすことにあります。
部屋を貸し出す大家さんにとっては、入居者に家賃を滞納されたり、住宅設備を壊されたり、入居者同士で近隣トラブルを起こされることは賃貸経営上の大きなリスクになります。
事業ローンでアパートを購入している大家さんもいるため、予定通り家賃が回収できなければ赤字になってしまうこともあるのです。

解約手続きをすることになっても、大多数の賃貸借契約書には「解約する場合には、1か月前に連絡する」ことになっているので、解約連絡したからすぐに解約できるものではありません。

これらの審査基準のうちで、不安に思う内容があれば賃貸契約前に改善しておきましょう。

また、賃貸保証会社は信販会社が行っているものや独立した保証会社が行っているもの、LICCやLGOなどの賃貸保証協会などに加盟している会社など様々で、大家の指示によっては申込先が変わります。

「賃貸に引っ越しする頃にはブラックリスト入りが消えているかも」と思った方は、信用情報機関に問い合わせして確認することができます。

賃貸の仲介会社に物件を探してもらう際、ブラックリスト入りしていることを先に伝えておくと審査に通りやすい物件が絞れるのでおすすめです。

賃貸物件で信用情報が使われるケースは限定されています。

もし賃貸借契約前に「キャンセルした」場合、初期費用はどうなってしまうのかというと、キャンセルが認められることから、「全額返金」されます。

重大な賃貸借契約違反をしてしまうと、他のご入居者様に「多大な影響」を及ぼしてしまい、場合によっては「退去してしまうリスクが高くなる」ことから、この様な行為をしてしまうご入居者様は、管理会社では「要注意人物」「ブラックリスト」対応となってしまいます。

賃貸契約で一番接する機会が多いのは、不動産会社の営業担当者です。お部屋探しのために来店したり内覧に訪れる時から、身なりや言葉遣いなどにも気を配っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *