ブラックローン審査

ブラックローン審査

残る選択肢としてはブラックリストが解消されるまで待つのが最善となってしまうのでしょうか。

まずは、ブラックがどういう状況なのかについて確認しておきます。

ブラックリスト期間内の住宅ローン審査を受ける前に、頭金を用意したり住宅の抵当権を設定したりして、信用を高める手段もあります。金融機関からすると、ローン利用者の頭金が多いほど融資額は少なくなるので、リスクを低減できます。また、住宅の抵当権を設定すると、万が一の際に金融機関は不動産を売却して資金回収できるため貸し倒れリスクを抑えることが可能です。ただし、いくら頭金や抵当権の設定をしたからといって「ブラックリストでも必ず審査に通る」わけではありません。金融事故の履歴により「返済能力がない」と判断されてしまうからです。しかし、頭金や抵当権設定によって、住宅ローン審査通過の可能性を上げられます。

本当は、このブラック期間中に住宅ローンを組むことは避けたほうが無難なのですが、どうしてもマイホームが欲しい場合には、色々な借りれる方法がありますので、諦めずによく読んで下さい。

何年も利用のなかった信用情報は白紙状態(ホワイト)で、最近までローンやクレジットカードが使えなかったこと、つまりブラックだったことが誰の目にも明らかになってしまうのです。

ブラックでもキャッシングできるのか?即日で必ず貸すという極甘審査ファイナンスは安全なのか解説します。

手続きを行うと例外なくブラックリストに載ってしまうという欠点がありますが、元々信用ブラックの方なら比較的デメリットが小さいと言えるでしょう。

©
ブラックでも借りれるところ!

しかし長かった登録期間も、いつかは必ず終わります。一度ブラックになったからと言って、永遠にカードローンの審査に通らない訳ではありません。

しかしながら、任意整理後で異動情報が消える前の、ブラックリスト期間中であるにもかかわらずフラット35の住宅ローン審査に通ったという人もいます。

時効の援用とは、5年以上支払っていない場合の特権なのですが、5社に対して時効援用通知書を送って1ヶ月後CIC・JICC・JBAの記録から延滞情報いわゆるブラック情報は消えていました。

もしクレジットカードやカードローンの滞納をしたことがないのに全く審査に通らない人は、スマホ代金が原因でブラックリストに入ってしまっているかもしれません。

ここでは、ブラックでも住宅ローンを組めるのか、審査に通らなかった場合の裏ワザについて解説しています。

携帯ブラックの人は、滞納したことがない携帯キャリアに申し込めば、滞納の情報がないので審査に通るかもしれません。

信用情報からブラックの記録が消えれば、一応は元通りです。一応というのは、信用情報の登録が消えても、ブラックの影響はまだ残っているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *