お花見は 古くから日本人が親しんできた行事です

桜名所・お花見トピックス ニュース 関連情報をお届け

天皇や貴族、武士など、上流階級の間では定番となっていたお花見。一方、農民たちの間では古くから、桜の開花を農作業を始める時期の目安としたり、桜の咲く時期や花の向きで豊作・凶作を占うなど、豊作祈願の神事として桜を見てきたといわれる。地元では「種まき桜」と呼ばれる樹齢約1200年の「草岡の大明神ザクラ」や、桜の開花を待って里人が苗代(稲の苗を作るための田)の準備を始めたことからその名がついたという岐阜県下呂市の「苗代桜」など、農作に由来するあだ名を持つ桜の名木が全国に存在することからも、かつて農民たちが桜をどのように見てきたのかがうかがえる。

今では「お花見=桜」というイメージですが、かつてお花見の主役は梅の花でした。

花を愛で、春の到来と豊作を願うことは古来から…とされていますが、文字のなかった時代のことは後期の伝承であり、その始まりは定かではありません。現在の形のお花見の始祖は、嵯峨天皇・豊臣秀吉・徳川家光・徳川吉宗の四人と言えるのではないでしょうか。
嵯峨天皇は、始祖中の始祖。編纂を命じたとされる「日本後記」の中に812年京都の神泉苑にて花宴の節(せち)を催したと記述されているのが、文字としての最古の記録とされています。ただし桜の花見とは書かれておらず、時期的に「桜であったろう」ということです。その様子は執筆当時も大ブームとなった「源氏物語」の中にも登場します。

「花宴之節」は812年に嵯峨天皇が催した京都の寺院「神泉苑」の桜を愛でる宴でこれ以降桜のお花見が貴族の間に広まりました。
夜桜を楽しむようになったのもこの頃だそう。雅な歴史の始まり方ですよね。

平安時代には桜を愛でながら歌を詠むといった、静かに桜を楽しむことがお花見だったものが、安土桃山時代になり、豊臣秀吉が大勢の人を集めて桜の下で飲んだり食べたりの大宴会を催したのが、宴会スタイルのお花見の始まりと言われています。

お花見は、古くから日本人が親しんできた行事です。その歴史や由来などを知れば、さらにお花見が感慨深いものになりますよ。

それ以前にも中国の影響で「梅の花を愛でるお花見」はあったようですが日本独自の国風文化が開いたこの頃に桜のお花見へと置き換わりました。
古今和歌集でも、それ以前の歌集では梅 > 桜だった登場回数が逆転しているのです。

桜の根は浅いところを這うので、傷つきやすく、お花見の時期には根っこを踏んでしまって、傷つけてしまうことが多いそうです。シートを敷く時には、桜の根元は避けるようにしましょう。桜の枝にロープを引っ掛けたりして枝が折れてしまったら、それが原因で枯れてしまうこともあります。来年もまた綺麗な花を咲かせてもらえるように、皆で大切にしていきたいものです。

奈良時代には、花といえば梅や萩などを指していましたが、平安時代に入り、お花見の花が梅から桜へと移り変わっていき、貴族たちは桜を春の花の代表格として愛で、歌を詠み、花見の宴を開いて楽しんでいました。。
また、桜の花でのお花見の起源は、「日本後紀」によると、嵯峨天皇が催した「花宴の節」という宴であると記されています。

お花見の記述として最も古いものは平安時代。
日本後紀に記された「花宴之節(かえんのせち)」であるといわれます。

また、お花見は豊作祈願の行事として、農民の間でも行なわれていました。
桜は、春になって山からおりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていました。

桜名所・お花見トピックス、ニュース、関連情報をお届け。

今や、桜といえばソメイヨシノ。実際、日本の8割の桜の木がソメイヨシノだと言われています。しかし、和歌に詠まれた桜も、秀吉のお花見も、吉宗が庶民を楽しませてくれた桜も、ソメイヨシノではありません。
江戸以前の桜とは、山桜を代表とする自生種や、植木屋の努力などで生まれた里桜と呼ばれるもののこと。里桜は代表的なものだけでも40種類以上あり、本来一重として交配したものから八重が生まれたりまたその逆があったりと亜種の出やすい性質です。その性質を利用し、園芸品種として固定させたのがソメイヨシノです。現在の東京都豊島区駒込あたりの、植木職人の町として有名だった染井村の植木屋によって生まれました。時期については江戸末期とも明治初期とも言われていますが、明治説が有力とされています。
大島桜と江戸彼岸桜のハイブリッドであるソメイヨシノは接ぎ木によってのみ育成できるもので、いわばクローン。それぞれの地であっという間に足並みを揃えて満開になるのはこのためです。ソメイヨシノが本当にソメイヨシノになったのは明治33年のことで、長らく吉野桜と呼ばれていました。秀吉の花見以降「花見と言えば吉野」と全国に知れ渡っていた吉野の桜にあやかっていたのです。あらためて命名し「染井吉野」と最初に文字として記したのは博物学者の藤野寄命でした。

春になってあちらこちらで桜が咲き始めると、そわそわと心が踊り出し、友人や恋人、家族とお花見に出掛けたくなりませんか?

時代が下り江戸時代になると、農作ではなく都市部に住む町民が増加。庶民文化も豊かになり、その中で酒盛りとしての花見も広がっていったという。江戸時代初期、徳川家によって上野に寛永寺が建立されると、開山した天海僧正により奈良の吉野山から桜が移植され、江戸の人々にとって随一の桜の名所になった。その後、江戸幕府8代将軍の徳川吉宗は、隅田川堤や御殿山、飛鳥山といった江戸の各地を「お花見名所」として整備。この頃には桜の下に幕を張る「場所取り」もすでに行われていたのだとか。また、この頃には植木屋の品種改良により観賞用品種が多く生み出され、江戸時代末期にはソメイヨシノが誕生。明治時代以降、全国に広がっていった。また、隅田堤の花見では向島の長命寺前で売り出された「長命寺桜もち」が大ヒット商品となったり、歌舞伎や浮世絵にも桜をモチーフにした作品が広がるなど、桜への親しみは庶民の食や文化にも見られるようになる。江戸時代に整備された桜の名所は、上野恩賜公園や隅田公園、飛鳥山公園など現代でも都内の桜スポットとして現存するところが多い。お花見シーズンの菓子や日本全国で楽しめるソメイヨシノという品種など、現在に直接続く「花より団子」なお花見のスタイルは、江戸時代の庶民によって形になったともいえそうだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *